塾や予備校は集団・個別・映像どれがおすすめ?指導の違いと選び方

塾や予備校は集団・個別・映像どれがおすすめ?指導の違いと選び方

受験生の皆さん、これから予備校や塾を探そうと思っている皆さん!

予備校、学習塾の選び方は、受験の合否を分ける第一歩!いえ、合否を大きく左右すると言っても過言ではありません!

集団・個別・映像のどれが一番、ということはありませんが、予備校に管理・サポートしてもらえる部分によって合う合わないは間違いなくあります。

皆さんの性格や学習の仕方等によって、必要なサポートは異なりますよね。

これまでのご自身の学習習慣などを振り返りつつ、指導方法の違いを比較し、ご検討ください!

ほんとにわかってる?それぞれの指導方法!

集団授業での回答風景

それでは、まずは集団・個別・映像、それぞれの大まかな特徴や違いを、比較しながらご紹介します。

もし、塾に通ったことがない人であれば塾を選ぶ際にそもそもそんな違いがあると知らない人もいると思います。

そんな人は要注意です!なんとなくどこも成績を上げてくれるだろうなんて甘い事を考えていたら不合格へまっしぐらですよ!

集団授業とは

集団授業を受ける

まずは、一番多くの人が想像するであろう授業パターンでもある集団授業です。

これは大きな教室で講師1人が、大勢の生徒を教える形式です。

生徒の人数は少人数の数名程度から数十人までかなり幅広いです。

8人の場合と30人の場合を比較すると、全く雰囲気が違いますので、必ず検討している塾の集団授業の生徒の人数を確認しましょう。

集団授業でおすすめの塾・予備校

【栄光ゼミナール】
栄光ゼミナールは、少人数の集団授業を長年実施してきており、状況により個別指導も提供しています。生徒一人一人を丁寧に指導する成果は定評があり、現在では通信教育が母体のZ会のグループ会社となり更にハイレベルな教育を受けることができるようになっています。

【第一ゼミナール】
第一ゼミナールは、大脳生理学に基づく指導ノウハウに沿ったモチベーションアップする指導方法や、記憶力や速読力を上げる指導などを受けることが出来ます。

⇒集団授業のメリット・デメリットを先読み!

個別指導とは(完全個別/少人数個別)

個別授業・小人数

次に個別指導とは、1人の教師が基本的には1人の生徒を教える形式です。

しかし、最近では2~3人、多ければ5人程の生徒を1人の講師が見る場合も「個別指導」と銘打っているところも少なくありません。

この2者は似ていますが全く違うので、ここでは生徒が一人の場合を「完全個別指導」複数人の場合を「少人数個別指導」として紹介していきます。

  • 完全個別指導
  • 指導するスペースは、完全個別の場合は講師と生徒が横並びに座り、パーテンションで区切られているだけの場合が多いです。
  • 少人数個別指導
  • それに比較し少人数個別指導の場合は、複数の机の周りを講師が周り、生徒の質問に講師が答える場合が多いです。

個別指導授業でおすすめの塾・予備校

【個別指導塾 四谷学院】
個別指導塾 四谷学院は言わずと知れた大手の個別指導塾です。

ひとりひとりの今の理解度や状況から55種類もの授業プランの中から、今の塾で本当に合格できるかわからないという不安を感じている方にもおすすめです。

ほめて伸ばすという指導方法を徹底しているため、子供に勉強を飽きさせず、また基礎からゆっくり理解していくことができるので、モチベーションを下げずに受験勉強に取り組むことができます。

【武田塾】
武田塾は日本初の授業を行わない予備校です!
参考書を中心とした学習ですが、講師が生徒の学習進捗を徹底的に管理します。

偏差値30台からでも逆転合格できる!と謳っており、実際に偏差値30代から偏差値80越えを1年でやり遂げる生徒さんが多いと話題になっている学習塾です。

四谷学院は55パターンの指導方法がある一方で、武田塾には一切指導方法が確定されておらず、個人に合わせて1つ上のレベルの勉強を行うことで学力をメキメキと伸ばしていきます。

⇒個別授業のメリット・デメリットを先読み!

映像授業とは

映像授業大学受験

最後に、映像授業とは、有名講師や分かりやすい教え方の授業をしてくれる講師の録画された授業を視聴する形式です。

パーテンションで区切られたモニター付きの座席に向かって個人で授業を受けます。

分からないところや、授業の進め方について相談に乗ってくれる先生が近くにはいますが、基本的には一人で学習を行います。

映像授業でおすすめの塾・予備校

【河合塾マナビス】
映像授業を行っている塾の中も得に有名な学習塾です。

映像授業を自分でこなすという形の塾なので、時間がとりにくい・部活が忙しいという高校生に人気が高くなっています。
授業時間が明確に決まっているわけではないので、自分で授業を受けたい時にいつでも訪れることが可能です。

一人一人に学習アドバイザーが付いており、定期的な面談を行うことでどんな授業の進め方がいいか、わからない事はないか等理解度を高める事もできます。

【大学受験ディアロ】
集団授業におすすめの予備校でも紹介した栄光ゼミナールと、Z会の長年培ってきた教育ノウハウが詰め込まれた映像授業です。

映像授業を視聴し学ぶだけでなく、トレーナーと呼ばれる講師と対話や解答をプレゼンし、自分がどこまで理解しているかを他者に伝えることに力を入れている少々変わった指導塾です。

受験勉強はできても面接が苦手という方も多いので、塾を通してアウトプットする力を身に着けていくことができます。

⇒個別授業のメリット・デメリットを先読み!

3種類の指導方法を徹底比較

指導方法を比較する

それでは、ここからそれぞれの指導方法の大きな違い

そしてメリットデメリットをご紹介していきます。

時間 授業速度 講師との距離
集団授業 決まっている 周囲に合わせる 人数が多いほど遠い
個別授業 指定できる 個人に合わせる とても近い
映像授業 完全自由 自由 基本的に会えない

それぞれの指導方法のメリット

集団授業 ・自然とレベルの高い問題に触れられる
・ライブ授業
・仲間と切磋琢磨できる
・比較的授業料が安価
個別授業 ・個別のカリキュラムで授業を行う
・講師との距離が近く、生徒の性格や学習状況を把握してもらいやすい
・すぐに質問できる
・スケジュールが自由に組める
映像授業 ・有名講師の授業を地方でも受講できる
・聞き逃しても再生できる
・スケジュールが自由に組める

それぞれの指導方法のデメリット

集団授業 ・周りの理解度に合わせなければいけない
・授業時間が決まっている
個別授業 ・自分のレベルを上げにくい
・ただの質問時間になりかねる
映像授業 ・授業を見て満足してしまうことが多い
・復習は自分の努力次第

ここからはより深く、それぞれの指導方法についてまとめていきます。

どんな塾が自分に最適なのかを見極めてみましょう。

集団授業のメリット・デメリット・向いている人

集団授業の予数

集団授業のメリット

集団授業とは、各予備校や塾において、またそれぞれのクラスによって授業の進度や問題のレベルが決まっています。

そのため、自分の力だけでは触れられなかったハイレベルな問題などに次々と触れていく事ができます。

そして目の前で講師の授業を受ける事や、周りで一緒に切磋琢磨できる仲間がいることは、お互いの熱量が伝わり集中力アップにも繋がるでしょう。

また、個別指導や映像授業に比較すると料金は安くなるでしょう。

集団授業のデメリット

集団授業のデメリットとは、常に決められたレベル通りに授業が進むため自分のレベルがより高かろうと低かろうと周りのペースに合わさなければならない点です。

あなたのレベルより高いクラスに入ってしまったら、仮に授業についていけなくなったとしても置いてけぼりになる可能性は高く、逆に低いレベルのクラスに入ってしまったら時間の無駄になるでしょう。

また、生徒数が20人以上などの大人数授業ではより一層その傾向は強くなるでしょう。

集団授業に向いている人

このような集団授業に向いている人は、分からないところを積極的に質問していける人です。

もし授業時間外にも質問できる環境があれば、そこで自分の分からないことを解決できればいいでしょう。

そして競争心が強く、周りに仲間がいることで張り合いが出て、ポジティブにカリキュラムのスピードについていける人には集団授業はおすすめです。

集団授業に向いていない人

集団授業に向いていない人は、大勢の人の前での発言が苦手な人です。

また、あまり競争心がなく人と比べて自分が劣っていると感じる時に委縮していってしまいやる気も無くなってしまう人は向いていないでしょう。

そして競争心が強く、周りに仲間がいることで張り合いが出て、ポジティブにカリキュラムのスピードについていける人には集団授業はおすすめです。

もし、ここで集団授業に向いていないかもと思った人には個別指導をおすすめします。

個別指導のメリット・デメリット・向いている人

個別指導を受ける受験生

個別指導のメリット

個別指導といっても、1対1の授業だけでなく先生1人に対して生徒2人、3人という授業も存在します。

完全個別指導と、少人数個別指導でもメリットやデメリットに違いが出てくるのでそれぞれでご紹介していきます。

完全個別指導のメリット

まずは完全個別指導のメリットですが、こちらは一人ひとりに合わせた学習内容が完全オリジナルで組んでもらえます。

そして基本的には講師は同じ人が担当してくれるでしょう。

常に隣にいて、あなただけの質問に答えてくれるため、待ち時間の無駄はないでしょう。

これは他の指導システムに比較しても大きな違いで、あなたの特性を分かってくれる信頼できる先導者がいる事は合格への近道になります。

少人数個別指導のメリット

次に少人数個別指導のメリットですが、完全個別指導に比較して安価で近くにいる講師にすぐに質問することができる点です。

塾の方針をよく聞いておいていただきたいですが、大まかなスケジュールは初めに塾で決められますが、日々の演習は生徒が自ら進めていきます。質問が出来たら担当の講師に声を掛け比較的すぐに答えてくれるというメリットがあります。


完全個別指導でも少人数個別指導でも、どちらも授業時間は生徒中心に選んでいく事ができる点も、部活や習い事などで忙しい方には大きなメリットになるでしょう。

個別指導のデメリット

完全個別指導のデメリット

完全個別指導スタイルの場合のデメリットは、「あなただけの時間」がずっと続くため、「あなたの実力ベースのスピード」でしか成長できないという点です。

例えば、「予定していたペースより遅れてきたけれど誰にも迷惑をかけない」ために、そのまま授業のペースが遅くなってしまったり、予定していたハイレベルな問題を飛ばして次の単元に行くと言ったことも起こりがちです。

少人数個別指導のデメリット

少人数個別指導の場合では、各塾の方針によっても違いますが「皆で同じ内容の授業を受ける」か「質問に答えてもらう時間」になるか分かれがちです。

しっかり個別指導のメリットがあるかよく吟味しないと、集団授業と大差ないか、自習室利用で質問が出来た時だけ答えてくれる講師が常駐する塾に行くのと変わりない可能性が出来てしまうでしょう。

個別指導の注意点

個別指導の良し悪しは、塾の方針や担当講師の影響が非常に大きいです。

例えば、完全個別指導でも少人数個別指導であっても、講師がコロコロ変わる場合はその効果は激減してしまうでしょう。

大学生アルバイトが担当する塾では講師が変わりやすいので要注意です。

これは未然に防げるデメリットなので検討する塾をよく調べましょう。

一見、一人一人に完全に寄り添い合格まで徹底的にサポートしてくれそうなイメージもある個別指導ですが、厳しく進度管理をしてくれる塾でないとなかなか成績に繋がらないでしょう。

マンツーマン授業でも、数をこなせばいい訳ではありません。

勉強効率を考え、一番効率的に点数を上げる方法なら短期間で志望校を目指せます。

個別指導に向いている人

まず個別指導に向いているのは、学校の授業や塾の集団授業にもついていく事ができない人です。

特に、完全個別指導で徹底的に学習内容を管理してくれる塾がいいでしょう。

また内気で集団授業ではなかなか質問ができなかったり、忙しくてなかなか決まった予定を組めない人にもおすすめします。

個別指導に迷っている人はまずは、検討している塾の方針をよくよく吟味することをおすすめします!

個別指導に向いていない人

個別指導に向いていない人は、講師との距離が近いことが逆に緊張に繋がってしまうタイプの人は気疲れしてしまうかもしれませんね。

映像授業のメリット・デメリット・向いている人

映像授業を受ける生徒

映像授業のメリット

映像授業の一番のメリットは一流講師、有名講師といわれる教え方の上手な講師の話を、都会や講師の近くに居なくても受講できる点です。

こういった授業に出てくる講師は、教えた方やテクニックが上手いと言われています。

また、自分の理解度に合わせて、分かっている部分は飛ばす事ができたり、分からなかった部分は何度もリピート再生することができます!

また、塾の座席が空いている限り映像授業をいつでも見る事ができスケジュール的な自由が非常に大きいです。

映像授業のデメリット

映像授業のデメリットは、当たり前ですが、講師がいくら良くても授業を聞いているだけでは成績はあがらないということです。

内容を理解した上で、それが自分の力になるように演習を重ねる事が重要です。

ここで自分が「理解し自分で解けるようになった」と思えるまで塾が管理してくれるかどうか、入塾する前に見極めことが必要です。

またこれは個人の問題ですが、映像の前で寝ている人がいることもしばしば…講師は映像でしか居ないので緊張感がなく授業で寝てしまうことがいることは冷静に判断すべき点です。

あなたは映像の授業を見続けることができますか。

映像授業に向いている人

映像授業で成績を伸ばしていくことに向いている人は、すでにある程度の理解力があり自分で自分に厳しくしていく事ができる人です。

映像授業のレベルは多義に渡っているので、自分でレべルの高い授業を選び、しっかり復習して内容を習得し常に自分を高見に持っていくことができる人には効率的でおすすめのシステムです。

映像授業に向いていない人

映像授業に向いていない人は、一人で映像授業を受けている時に周囲に人がいないと自分を甘やかしてしまいつい寝落ちてしまったりして時間を無駄にしてしまいそうな人は絶対に向いていません。

そして、自分だけで勉強していくことが苦手な場合には個別指導がお勧めです。
特にサボりがちな人は武田塾がしっかり宿題のチェックや確認テストを行ってくれるので安心ですよ。 講師との距離が近いことが逆に緊張に繋がってしまうタイプの人は気疲れしてしまうかもしれませんね。

大学受験合格のために一番最適な塾は?

塾を比較する

これら3つの授業形態は、どれも一長一短といったところでしょうか。

中には「学校の授業も付いていけていないのに集団授業は自信が無い」とか「偏差値52で、映像授業はついていけないし寝てしまいそう…」なんて思っている方もいるのではないでしょうか。

また、「現在、個別指導に通っているけれど、どんどんペースが遅くなっていて成績が伸びたのかよく分からない・・」という声も良く聞きます。

そんなあなたにおすすめの最適な塾をご紹介します。

偏差値40台からの逆転合格の武田塾!

武田塾学習塾

今回ご紹介するのは「日本初!授業をしない。武田塾」です。

個別指導は自分のペースに合わせすぎてしまうということがありますが、武田塾は講師に「合格のための勉強方法」を教わります。

何よりおすすめなのは、講師が一人一人に合わせて目標大学に向けた課題を徹底的に管理してくれるため、例えスタートが偏差値40だったとしても1年後の受験には偏差値70台の超難関大学への合格者も続々と輩出している点です。

また授業を行わない代わりにレベルに合わせた参考書を完璧にしていくスタイルであるため、分かっている部分の授業をだらだらと聞く必要もなく無駄を省いて効率的に合格への道筋を歩んでいく事ができます。

他の予備校の授業と比べて全てに時間を使わないから短期間で合格への道筋を作れるのは武田塾だけかもしれません!

今の塾に満足していない、成績が伸び悩んでいるというのなら無料相談もう受け付けているので相談してみてはいかがでしょうか?


武田塾無料受験相談受付中!
志望校の決め方や勉強方法が分からない!という生徒さんのために
武田塾では無料の受験相談を実施しています。

  • 1週間で英単語を1000個覚える方法
  • 奇跡の逆転合格カリキュラム
  • 合格しやすい大学・学部・学科
  • 現在の成績から志望校に合格するまでの最短ルート

など、受験に関するお悩みをなんでも相談できます!

無料受験相談 詳細はこちら

塾や予備校は集団・個別・映像どれがおすすめ?まとめ

塾や予備校における集団・個別・映像の違いは分かりましたでしょうか。

自分に合いそうだなと思う予備校の形式は見つかりましたか?

自分にどんなサポートが必要なのかを良く考え、実際に行く塾がそれを補ってくれるのか見極めたうえで入塾を決めましょう。

この塾選びが受験の合否を大きく左右するので、最も効率的で効果的な勉強法を教えてくれる塾を選ぶことをおすすめします。

人気の予備校ランキング

武田塾

武田塾

口コミ数(16件)

東進衛星予備校

東進衛星予備校

口コミ数(13件)

河合塾マナビス

河合塾マナビス

口コミ数(15件)

四谷学院

四谷学院

口コミ数(7件)

明光義塾

明光義塾

口コミ数(3件)

城南コベッツ

城南コベッツ

口コミ数(2件)

コラムカテゴリの最新記事