予備校・塾の年間費用はいくら?大手の平均授業料を比較してみた!

予備校・塾の年間費用はいくら?大手の平均授業料を比較してみた!

そろそろ大学受験を考えなきゃ…と思う現役生も、頑張って勉強してきたのに大学受験に失敗してしまった…既卒生・浪人生の方も、まず考えなくてはならないのが予備校・塾に行くか否かです。

予備校に通えば決められたカリキュラムの中で効率的に勉強ができそうですが、いざ通うとなるとやはりお金がかかります。一年間予備校でしっかりと勉強するとなると、ご家庭への負担も少なくないでしょう。

また、大学受験は高校受験よりも断然厳しい世界です。残念ながら受験に失敗してしまう可能性も高く、失敗したら1年間さらに費用が掛かることになります。

今回はそんな予備校・塾に通うのに必要な授業料等の費用はいったいどれくらいなのか?自宅浪人と予備校のメリット・デメリットについてご紹介します。

予備校にかかる費用の平均相場は?

予備校・塾大学受験

予備校や塾に通うとなった時、だいたい平均相場はどれくらいなのでしょうか。

塾の費用というものは、入学金や基本的な授業料だけでなく、夏季・冬季講習も受けるとなると平均金額は大きく異なってきます。そのためここでは、予備校にかかる費用を大きく4つに分けてご紹介します。

①入学金

予備校に入る時にかかるお金です。大手予備校ならだいたい10万円くらいです。予備校に通うなら避けられない出費ですが、現役生の時にすでに入塾していた場合は払う必要が無い場合がほとんどのようです。

浪人・既卒生の場合は現役生の時に入塾していなくても、予備校の説明会に参加すれば入学金が半額になるなどのキャンペーンを行なっているところもあるようです。予備校に通う際は一度そのようなキャンペーンが無いかチェックしてみてはいかがでしょうか。

予備校ではなく、現役生中心の塾などになると入学金以が無料のところも多いです。

②授業料

予備校に通う際に一番お金がかかるのが授業料です。各予備校や、理系・文系などのコースによって差はありますが、大体60〜80万円くらいになります。塾の平均相場も大体同じくらいです。個人指導だと少し高めになります。

夏季・冬季講習などの季節講習に参加しない場合でも、予備校に通う場合は入学金を考慮すると最低でも70 〜90万ほどかかると考えて良いでしょう。

ただし、これにも様々なキャンペーンや制度があります。特に、成績優秀者は学費が一部、または全額免除される制度を利用すればかかる費用を大幅に削減することができます。東大など超難関大学を目指す人もたくさんいる予備校で免除を受けるのはかなり厳しいと思いますが、学力に自信のある方は利用してみてください。

③季節講習料

夏季講習や冬季・直前講習などの季節講習では、20〜40万円ほどのお金がかかります。絶対に受けなくてはならないという訳ではありませんが、通常の授業の続きであったり基本的に受講するようコースに含まれている場合も多いです。

基本的な夏季・冬季・直前講習の他にお正月特訓などの細かい講習を行なっている予備校もあるようです。それらを受講する場合には一つにつき追加で数万円ほどかかると考えておいた方が良いでしょう。

④交通費

浪人既卒生の方には意外とお金がかかるのが交通費です。人によって差があるので具体的な相場はありません。ただし、定期券を利用する方は、通う予備校が株式会社か学校法人かによって金額が大きく変わってきます。

予備校が学校法人の場合、学割が適用されるので通学定期を利用できます。しかし、株式会社の場合は学割が適用されないので通勤定期になってしまいます。予備校には基本的に1年間毎日通うことになるので、学割が使えるかどうかでかなりの金額の差になります。

大手予備校では河合塾や駿台予備校は学校法人、四谷学院は株式会社となります。遠くまで通う予定のある方、定期券を使う予定のある方は交通費も忘れずに考えておきましょう。

最終的にかかる費用の相場は?

入学金、授業料、季節講習全て合わせた場合は、1年で100万円以上かかることが予想されます。また、東大や医系などを目指すコースだと他のコースに比べてさらに数十万ほどお金がかかるようです。

大手予備校比較

次に、大手予備校3社の比較を行います。比べるのは駿台予備校・河合塾・代々木ゼミナールの3社です。金額だけでなくそれぞれの特徴もご紹介しますので、予備校選びの参考にしてください。

予備校に掛かる費用には、

  • 入学金
  • 授業料
  • 季節講習料
  • 交通費

などがあるので、それぞれを合計した金額が掛かることを理解しておきましょう!

大手予備校比較

次に、大手予備校3校の比較を行います。比べるのは駿台予備校・河合塾・代々木ゼミナールの3校になります。

授業料等の金額だけではなくそれぞれの特徴もまとめているので、参考にしてみてください。

①駿台予備校

入学費:100,000円

授業料相場:60〜80万円ほど

駿台は東大・京大・医学部への合格者が多く、超難関大学や理系に強い予備校となっています。授業料は他の予備校と比べても平均的です。

②河合塾

入学費:100,000円

授業料相場:60〜100万円以上

河合塾はテキストや模試の質が良いことで評判です。授業料は平均的か少し高め程度ですが、医学部を目指す人向けの個別指導コースなど200万円近いコースもあるようです。

③代々木ゼミナール

入学費:100,000円

授業料相場:70万円〜80万円ほど

テストで奨学生に選ばれると授業料が大幅に免除されるのが良いポイントです。授業料は他の予備校と比べても普通程度となっています。

大手予備校まとめ

大手予備校では授業料にそれほど大きな違いはありませんでした。ただし、河合塾などの一部コースでは非常に高額なものもあるようです。季節講習に関しては、どの予備校も20〜40万円ほどです。

今回ご紹介したような大手予備校なら進学実績もあるので、どの予備校でも質の高い授業を受けられるでしょう。予備校を選ぶときは自分の志望校に合ったコースの料金や、それぞれの予備校の特徴で決めるようにしましょう。

自宅学習と予備校、どっちが良いの?

予備校に行けば質の高い授業を受けられ、同じ受験生に囲まれるので刺激にもなりますが、何と言っても高額な学費がかかります。結局のところ、自宅学習で独学するのと予備校ではどちらが良いのでしょうか。

絶対に必要では無い、けど…

予備校に通うことはどんな場合でも必須という訳ではありません。自宅学習で独学するにもメリットはあります。それぞれのメリット・デメリットとしては、

【自宅学習】

メリット:時間が大量に確保できる、お金がかからない、自分のペースで学習できる

デメリット:ついついサボりがちになってしまう、自分でやることを決める必要がある

【予備校】

メリット:質の良い授業が受けられる、良い環境で学習ができる

デメリット:お金がかかる、拘束される時間が長い

のようなものが考えられます。自分の勉強方法が確立していて、サボらずに勉強できる意思の強い方は宅浪でも合格できるかもしれません。

ただし、宅浪での自己管理やモチベーション維持は非常に大変と思っておくべきでしょう。また、お金をかけたくないからといって宅浪し、もしもう一度失敗してしまうと大切な時間とお金をさらに失うことに繋がり兼ねません。

ですので、基本的には予備校を利用することをオススメします。予備校にかかる費用は高いですが、しっかりと利用すれば確実に合格へ近づきます。

まとめ|どこまで利用するかを考えよう!

予備校・塾に大学受験対策として通う場合、一年で50~100万円ほどの費用がかかります。また、個別指導コースや東大など超難関大学を目指すコースだとさらにお金がかかってしまいます。中には成績優秀者向けの学費免除制度もあるので、学力に自信のある方は利用してみてはいかがでしょうか。

大手予備校では基本的にかかる費用はあまり変わりません。それぞれ特徴やサービスに違いがあるので、自分に合った予備校を選びましょう。予備校は必ずしも行かなければならないという訳ではありませんが、自宅学習では精神的にツラいことも多いですし、ライバルの進捗状況がわかり辛いです。

予備校・塾を利用すれば学力だけでなくモチベーションアップにも繋がりますので、基本的には予備校・塾を利用することをオススメします。

いかがでしたでしょうか。今回ご紹介したことを参考に、受験合格へ向けて頑張ってください。

人気の予備校ランキング

武田塾

武田塾

口コミ数(16件)

東進衛星予備校

東進衛星予備校

口コミ数(12件)

河合塾マナビス

河合塾マナビス

口コミ数(12件)

四谷学院

四谷学院

口コミ数(7件)

明光義塾

明光義塾

口コミ数(3件)

城南コベッツ

城南コベッツ

口コミ数(2件)

コラムカテゴリの最新記事