中央大学の評判 は?各学部の特徴や偏差値をご紹介します。

中央大学の評判 は?各学部の特徴や偏差値をご紹介します。

中央大学はGMARCHのCにあたる有名私立大学です。看板学部の法学部が有名で、司法試験の合格者数はGMARCH内でもトップです。また、公認会計士など他の国家資格の合格者数が多いことも評判です。

今回は、そんな中央大学の評判や特徴、各学部の偏差値や魅力などをご紹介します。中央大学に進学を考えている方は必見です。

中央大学の評判は?

中央大学校舎

東京都内の難関私立大学とされるGMARCHのCとされているため、難関大学と知られておりその評判も良いです。

MARCHの中では地味だという意見もありますが、その反面真面目だという評判も多いです。

国家資格に強い

看板学部は法学部です。GMARCHの中では司法試験の合格者数はトップで、早慶や東大といった超難関大学と比べても見劣りしません。

更に、司法試験だけでなく経済学部や商学部における公認会計士の合格率も大学トップクラスとなっています。

中央大学の特徴は?

中央大学が専門科目の多さやゼミの多さが特徴と言えます。法学部では何と250以上ものゼミから自分の好きなものを選ぶことができ、自分の興味のあるものをより専門的に学ぶことができます。

また、中央大学は司法試験や公認会計士の合格者数が多いことで有名ですが、それらの資格取得のサポートも充実しています。「炎の塔」と呼ばれる国家資格勉強専用の建物があるなど、資格が取りやすいのも中央大学の特徴と言えます。

専門性の高い授業で法学に強く、司法試験合格率トップクラス!
資格取得のサポートが充実で安心♪

広大な多摩キャンパス

文系学部が集まっている多摩キャンパスは、敷地面積が500,000㎡という広大な敷地を誇り、各学部棟だけでなくプールや体育館といったスポーツ施設も充実しています。

「炎の塔」や図書館などもあり、勉強でもスポーツでも取り組みやすい環境が整っています。

特徴的な学食も魅力

ちなみに、中央大学は学食がおいしいことでも評判です。多摩キャンパスには学食専用の棟があり、その中に約10個近い店舗が入っています。

メニューもバラエティ豊富で、なんと握り寿司が10貫500円で食べられるそうです。安くておいしく、種類も豊富ということもあって人気となっています。

各学部の評判や偏差値は?

中央大学の学部は現在は6つですが、2019年4月からは国際経営学部国際情報学部が新たに開設され計8つになる予定です。

法学部

法学部は中央大学の看板学部です。130年もの歴史を持つ学部で、これまで法曹界や政界に多くの有名人や優れた人材を輩出してきました。

現在でも高いレベルの授業を行っており、司法試験の合格者数もMARCH内でトップとなっています。

学科は法律学科、国際企業関係法学科、政治学科の3つがあります。加えて、政治学科と法律学科ではコース制を導入しています。政治学科では公共政策、地域創造、国際政治、メディア政治の4つ、法律学科では法曹、公共法務、企業の3コースが設置してあり、より専門的で詳しい内容の授業を受けることが可能となっています。

偏差値は64です。

経済学部

法学部と同様に歴史のある学部です。経済学科、経済情報システム学科、国際経済学科、公共・環境経済学科の4つが設置されています。

法学部同様多数のゼミがあるのも特徴で、全16分野、60を超えるテーマから自分の興味のあるものを選んで研究することができます。中には海外で実地調査を行い英語で論文にまとめたり、地方自治体の取り組みに参加したりといった活動を行っているゼミもあるそうです。

偏差値は60です。

商学部

商学部では企業の生み出す製品やサービスの流通過程など、市場経済の動きを勉強することができます。

公認会計士税理士国税専門官といった国家資格の合格者数が多いのが特徴で、資格を活かして就職にも強い学部となっています。

受験においては他の学部に比べて入りやすいと言われています。単位も取りやすいと言われているので、自分の興味のある勉強に力を入れたい人にはオススメです。

偏差値は61です。

理工学部

他の文系学部と違い、後楽園にあるキャンパスに存在する学部です。

中央大学唯一の理系学部であるため、数学科や物理学科、電気電子情報通信工学科など12もの様々な分野の学科が集まっています。

また、文系学部のある多摩キャンパスは都心からすこし離れた場所にありますが、理工学部のある後楽園キャンパスは東京ドーム近くの都内にあるのも魅力の一つです。

偏差値は58です。

文学部

文学部の学科は人文社会学科のみですが、そこに英語文学文化専攻や東洋史学専攻などの13の専攻が設置してあります。

多くの科目が少人数での指導となっており、きめ細かな教育が提供されています。

偏差値は60です。

総合政策学部

総合政策学部では、外国語能力や情報処理能力、政策的な思考にもとづく解決能力などを養えます。

国内外でのフィールドワークや進度別の英語授業などを通して実践的な英語能力や問題解決能力を身につけることができます。

偏差値は59です。

国際経営学部

国際経営学部は、2019年より開設予定の学部です。

グローバル共生社会を実現する人材を輩出することを目標とし、基本的に英語で授業が行われる予定です。

国際情報学部

国際経営学部と同じく、2019年に開設予定の学部です。

情報化が進む社会において、将来の変化にも柔軟に対応できる力を身につける「文系情報学部」となっています。

各学部の偏差値一覧

学部 偏差値
法学部 64
経済学部 60
商学部 61
理工学部 58
文学部 60
総合政策学部 59
国際経営学部
国際情報学部

卒業後の進路は?

法学部や商学部などは司法試験などの国家資格を活かした就職をする人も多く、法曹界などにも有力な人材を輩出しており評判も良いです。
全体で見ると一般の有名企業などへの就職が多く、三井住友銀行キャノンなど様々な会社へ就職しています。

法曹界にとにかく強い!
資格を取得しやすく就活に活きる

まとめ

中央大学はGMARCHのCにあたる有名私立大学です。

看板学部は法学部で、130年以上にもなる歴史があるのが特徴です。

資格試験に強く、特に司法試験や公認会計士といった難関国家資格の合格者数はGMARCHの中ではトップ、全大学中でもトップレベルとなっています。

学部は現在6学部が設置されています。2019年からは更に国際経営学部と国際情報学部という二つの学科が新設される予定で、グローバル化、情報化する社会に対応できる人材を育成することを目標としています。

就職においてもMARCHの他の大学同様、有名企業への就職が多く資格を活かして法曹界に入る人も多いようです。

全体的に見て、MARCH内では地味だという評判もあるものの、資格取得に強く就職でも評判も良いです。司法試験などを目指している方は、ぜひ受験してみてはいかがでしょうか。

人気の予備校ランキング

武田塾

武田塾

口コミ数(16件)

東進衛星予備校

東進衛星予備校

口コミ数(12件)

河合塾マナビス

河合塾マナビス

口コミ数(12件)

四谷学院

四谷学院

口コミ数(7件)

明光義塾

明光義塾

口コミ数(3件)

城南コベッツ

城南コベッツ

口コミ数(2件)

コラムカテゴリの最新記事