青山学院大学の評判 は?各学部の特徴や偏差値をご紹介します

青山学院大学の評判 は?各学部の特徴や偏差値をご紹介します

青山学院大学は東京都内の難関私立大学です。GMARCHの一つとしても有名で、受験においても評判の良い大学となっています。

今回は、そんな青山学院大学の評判と、各学部の特徴や偏差値をご紹介します。卒業後の進路などもご紹介しますので、青山学院大学に進学を考えている方はぜひご覧ください。

青山学院大学の評判は?

青山学院大学校舎

青山学院大学はGMARCHのAに当たる、東京都内の有名私立大学です。GMARCHの中でも認知度が高く、難関私立大学としても知られています。他のGMARCHの大学と比べても受験での人気もあり、評判の良い大学です。

青学と言えば「オシャレ」なイメージ

また、青山学院大学は何と言っても「オシャレ」なことで評判の良い大学です。青山学院大学の青山キャンパスは表参道に位置しており、渋谷にも近く好立地となっています。キャンパスの周りにはオシャレなお店が多く、空き時間にカフェやレストラン、ショッピングを楽しむ人も多いようです。

ちなみに、理工学部など一部の学部は青山キャンパスではなく相模原キャンパスに設置されています。こちらは青山キャンパスのような都会感は無いものの、広い敷地の中にチャペルや川、芝生など綺麗で開放感のあるのが魅力です。

青山キャンパスは超好立地でとてもオシャレ
相模原キャンパスも開放感があり、キレイ♪

英語の青学」としても評判

更に、青山学院大学は近年「英語」に強い大学としての評判も良いです。大学内には帰国子女や留学生も多く、日常的に英語に触れられる機会が多くなっています。文学部英米文学科という全国的に見てもトップクラスの英語学科もあり、英語を学びたい方にとってはオススメの大学です。

また、青山学院大学はミッション系の大学であり、キリスト教関連の授業や行事が行われています。一般教養科目の「青山スタンダード」内に設置されている「キリスト教概論Ⅰ・Ⅱ」という授業は全学生必修です。

英語に強く、トップクラスの英語学科がある

青山キャンパスの学部の特徴とその偏差値は?

青山キャンパスは東京渋谷区にある、都心のオシャレなことで評判のキャンパスです。学部は文学部、教育人間科学部、経済学部、法学部、経営学部、国際政治経済学部、総合文化政策学部の文系7学科が設置されています。ただオシャレなだけでなく、都心ならではの立地を活かした学習が可能です。

文学部

文学部には全国でも評判の良い英語学科である英米文学科をはじめ、フランス文学科、日本文学科、史学科、比較芸術学科の計5学科が設置されています。

文学、語学、歴史、芸術という人間的教養を通して“人間の営みと文化の本質”に迫ることを目標としており、少人数制のゼミや実習を通して専門性の高い学習をすることが可能です。

偏差値は62です。

教育人間科学部

教育学と心理学という二つの面から”人間”について総合的に学ぶ学部です。学科も、人の成長や発達を学ぶ教育学科と心のメカニズムについて学ぶ心理学科に分かれています。

教育学も心理学も総合的に人間を理解するためには欠かせない学問であり、その二つを合わせることによって更に深い人間理解を可能としています。

理論についての勉強だけでなく実践・演習の授業も多く設置されており、体験型の学習を通して実際の社会で役立つ技能を身につけることができます。

偏差値は61です。

経済学部

経済学科と現代経済デザイン学科の2学科で構成されている学部です。

経済学科は「理論・数量」「政策・産業」「歴史・国際・地域」という3つのコースに分かれており、財政や金融だけでなく様々な学問領域を対象とした幅広い学習が可能です。

現代経済デザイン学科はこれからの時代に対応する新しい社会経済システムをデザインするという理念のもと、2008年に新設された学科です。

どちらの学科もこれからの社会で活躍できる実践的な知識や技能を身につけることができます。

偏差値は62です。

法学部

法学部と聞くと堅苦しいイメージがありますが、弁護士や検察官といった法曹界だけでなく普段の生活の問題にも対応できる柔軟な問題解決能力を養えるのがこの学部です。

「ビジネス法コース」「公共政策コース」「司法コース」「ヒューマン・ライツコース」の4つのコースが設置されており、自分の興味のある分野について”法学”という視点から研究することができます。

偏差値は61です。

経営学部

経営学部は企業の視点から経営を考える「経営学科」と、消費者視点で経営を考える「マーケティング学科」の2つの学科で構成されています。国際性、創造性に富んだ青山の土地を活かした学習が可能です。

また、青山学院大学経営学部が開発した「マネジメントゲーム」で企業経営を仮想体験することで、経営者視点で経営学を学ぶことができるようになるのも魅力です。

偏差値は62です。

国際政治経済学部

政治学や経済学を国際的な視点で勉強できる学部です。政治だけでなく、企業など様々な分野でグローバル化している社会でリーダーシップを発揮できる人材を育成するのが学部の目標となっています。

学科は、国際政治学科、国際経済学科、国際コミュニケーション学科の3つです。

偏差値は63です。

総合文化政策学部

総合文化政策学部はその名の通りメディアやアートなどの幅広い文化領域を総合的に学べる学部です。国際的で最先端の文化の集まる青山の地を活かした学習ができます。

偏差値は59です。

明治大学の評判・偏差値を確認する

相模原キャンパスの学部の特徴と偏差値は?

広々とした開放的な相模原キャンパスには、理工学部、社会情報学部、地球社会共生学部という理学・工学に関する3学部が集まっています。

理工学部

理工学部では物理、化学、機械工学などに関する6学科が設置されています。

新しい高温超伝導体の発見など高いレベルの研究成果を出しており、最先端の研究に関わりたい人にオススメの学部です。

偏差値は58です。

社会情報学部

情報化する社会に対応するために、文系的な社会科学と理系的な情報科学の2つを融合させた学部です。

統計学など情報での技術を社会の問題解決に活かすことができます。

偏差値は59です。

地球社会共生学部

2015年に開設した新しい学部です。急成長する東南アジアの経済を対象に、グローバル化する社会で活躍できる人材を育成することを目的としています。

タイやマレーシアなど、独自の海外留学制度も充実しています。

偏差値は60です。

法政大学の評判・偏差値を確認する

各学部の偏差値一覧

学部 偏差値
文学部 62
教育人間科学部 61
経済学部 62
法学部 61
経営学部 62
国際政治経済学部 63
総合文化政策学部 59
理工学部 58
社会情報学部 59
地球社会共生学部 60

卒業後の進路は?

青山学院大学はGMARCH内でも偏差値が高く知名度もあるので就職での評判も良いです。

学部問わず様々な企業に就職しており、三菱東京UFJ銀行全日本空輸みずほファイナンシャルグループなどが主な就職先です。

理工学部は大学院へ進学する学生が1/3もいるようです。

メガバンク航空会社などへの就職が多い

関西大学の評判・偏差値を確認する

まとめ

青山学院大学は東京都内の難関私立大学です。偏差値も高く、受験での評判も良い大学です。

文系学部の集まる青山キャンパスは表参道に位置しており、非常にオシャレなイメージの強い大学です。

理系学部の集まる相模原キャンパスは都会的ではないものの、広々としたキャンパスの中に川や芝生などがあり開放的な環境になっています。

受験での人気はもちろん、就職での評価も高く有名大手企業を中心に様々な企業へ就職しています。

表参道でオシャレな学生生活を楽しみたい方は、ぜひ受験を考えてみてはいかがでしょうか。

人気の予備校ランキング

武田塾

武田塾

口コミ数(16件)

東進衛星予備校

東進衛星予備校

口コミ数(12件)

河合塾マナビス

河合塾マナビス

口コミ数(12件)

四谷学院

四谷学院

口コミ数(7件)

明光義塾

明光義塾

口コミ数(3件)

城南コベッツ

城南コベッツ

口コミ数(2件)

コラムカテゴリの最新記事