関西学院大学の評判 は?各学部の特徴や偏差値をご紹介します

関西学院大学の評判 は?各学部の特徴や偏差値をご紹介します

皆さんは関西学院大学をご存知ですか?関西学院大学は関西の有名私立大学です。関西の難関私立大学の総称である関関同立の1つとしても知られています。

今回は、この関西学院大学の評判や学部ごとの特徴などをご紹介します。受験で気になる各学部の偏差値などもご紹介しますので、関西学院大学を目指している方はぜひご覧ください。

関西学院大学の評判は?

関西学院大学校舎

関西学院大学は関西の難関私立大学として有名で、その評判もかなり良いです。

関関同立の中では純粋な偏差値だけなら同志社大学に少し劣るものの、就職率などを総合的に見て関関同立内では最も良い大学という評価をされることも多いです。就職率が高いだけでなく中退率も低くいのも評判です。

近年では進んだ国際化が認められ「スーパーグローバル大学」に指定され、偏差値も上昇傾向にあります。現在の評判も良いですが、これからの成長にも期待できる大学です。

関関同立の中で最良の大学
国際的な教育で今後の注目度も高い!

オシャレなキャンパスが魅力

キャンパスの評判もかなり良いです。関西学院大学はキリスト教主義のミッション系の大学であり、キャンパス内にはチャペルをはじめとしたオシャレな建物がたくさんあります。他のミッション系大学と同様に、オシャレで上品なイメージが強いです。

ちなみに、関西学院大学は「かんさいがくいんだいがく」ではなく「かんせいがくいんだいがく」と読みます。同じ関関同立の関西大学(かんさいだいがく)と間違えやすいので注意しましょう。

西宮上ケ原キャンパスの学部の特徴と偏差値は?

西宮上ケ原キャンパスは、関西学院大学のメインとなるキャンパスです。全11学部中8学部がここに集中しています。

神学部

神学部ではキリスト教の思想と文化への理解を深め、考察することを学部の目標としています。キリスト教主義のミッション系スクールならではの専門的なキリスト教研究が行えます。

1、2年のうちはキリスト教の基礎的な知識を学び、3年からは自分の興味のあるテーマについて研究を進めることができます。

偏差値は50~52.5です。

文学部

文化歴史学科、総合心理学科、文学言語学科の3学科で構成されています。人間や現代社会についてさまざまな視点から研究することができます。

学部は全部で11の専修に分かれており、専門性の高い授業が受けられるようになっています。

偏差値は55~57.5です。

社会学部

社会学部では急速に変化する現代社会に対応できる人材となるため、幅広い知識と柔軟な思考力を身につけられるカリキュラムが整っています。

2年次から履修するゼミのテーマによって、6種類の専攻分野から自分に合ったものを選んで勉強することになります。

偏差値は52.5~57.5です。

法学部

法学部は法律学科と政治学科という2つの学部と6つのコースにわかれています。6つのコースのうち国際法政コースと公共政策コースは法律学科と政治学科のどちらからでも選べるようになっており、学科間の連係が強いのが魅力です。

偏差値は52.5~55です。

経済学部

1934年に創設された日本国内でもトップクラスに歴史のある経済学部です。関西学院大学の看板学部として評判です。

4年間を通してゼミを中心に少人数での教育を行うことで、高い実践力を身につけることを可能としています。

偏差値は57.5です。

商学部

真に創造的な能力を有するビジネス・パーソン」を育成することを理念としている学部です。国際化と情報化に対応するための英語能力とコンピュータリテラシーの養成に力を注いでいます。

企業などビジネス界との連携も盛んで、実際にビジネス界で活躍している先輩による企業提携科目などが設置されています。

偏差値は57.5です。

人間福祉学部

人間福祉学部の学科は社会福祉学科、社会起業学科、人間科学科の3つがあります。

どの学科でも大学外での実践的なカリキュラムに力を入れており、フィールドワークやインターンシップなどNPOや企業、自治体などと連携した様々な活動をしています。

偏差値は52.5~57.5です。

国際学部

国際学部では、グローバル化する社会への理解を深めるため主に国際事情に関する理解や分析を学びます。短期から長期まで様々な海外留学制度が揃っているのが特徴です。

偏差値は62.5~67.5です。

西宮聖和キャンパスの学部の特徴と偏差値は?

西宮聖和キャンパスには教育学部が設置されています。キャンパス内には学部だけでなく関西学院幼稚園も設置されています。

教育学部

教育学部は幼児教育コース、初等教育コース、教育科学コースに分かれています。

併設する聖和幼稚園や関西学院初等部などを実習先として、実践的なフィールドワークを行うことができます。

偏差値は52.5~57.5です。

関西大学の評判・偏差値を確認する

神戸三田キャンパスの学部の特徴と偏差値は?

神戸三田キャンパスの学部は総合政策学部と理工学部です。上ヶ原キャンパスからは少し遠い場所にあります。

総合政策学部

総合政策学科、メディア情報学科、都市政策学科、国際政策学科の4つで構成されています。

各学科は互いに強い関連性があり、グローバルな視点で政策を立案できる総合力を養います。

偏差値は52.5~55です。

理工学部

数学、物理、化学、生命科学と幅広い9学科が揃っています。

カリキュラムは総合教育科目専門教育科目に分かれており、総合教育科目ではキリスト教主義にもとづく人間形成を、専門教育科目ではそれぞれの専門領域を学ぶことができます。

偏差値は52.5~57.5です。

同志社大学の評判・偏差値を確認する

各学部の偏差値一覧

学部 偏差値
神学部 50~52.5
文学部 55~57.5
社会学部 52.5~57.5
法学部 52.5~55
経済学部 57.5
商学部 57.5
人間福祉学部 52.5~57.5
国際学部 62.5~67.5
教育学部 52.5~55
総合政策学部 52.5~55
理工学部 52.5~57.5

卒業後の進路は?

関西学院大学は関関同立の中でも高い就職率を誇っており、就職においても関西学院大学の評判は良いことがわかります。

主な就職先としては、全体で見るとやはり三菱東京UFJ銀行などの3大メガバンクや、その他有名企業が多く見られます。

教育学部に関しては、ほとんどの人が教育委員会など教育機関に就職しているようです。

関関同立の中で最高の就職率
就職は金融と教育系に強い

青山学院大学の評判・偏差値を確認する

まとめ

関西学院大学は関西の有名私立大学です。関関同立の1つとして知られています。

キャンパスはキリスト教主義のミッション系大学であるためチャペルなどオシャレな建物が多く、その評判も良いです。

偏差値は同志社大学よりも少し下ですが、「スーパーグローバル大学」に指定されたり、高い就職率を誇っていたりと、全体的に見ると関関同立内で1番とも呼べる魅力的な大学です。近年では急速に成長を遂げており、今後も注目の大学でもあります。

いかがでしたでしょうか。評判も良く魅力もたくさんある大学ですので、ぜひ一度受験を考えてみてはいかがでしょうか。

人気の予備校ランキング

武田塾

武田塾

口コミ数(16件)

東進衛星予備校

東進衛星予備校

口コミ数(12件)

河合塾マナビス

河合塾マナビス

口コミ数(12件)

四谷学院

四谷学院

口コミ数(7件)

明光義塾

明光義塾

口コミ数(3件)

城南コベッツ

城南コベッツ

口コミ数(2件)

コラムカテゴリの最新記事