同志社大学の評判 は?各学部の特徴や偏差値をご紹介します

同志社大学の評判 は?各学部の特徴や偏差値をご紹介します

同志社大学は関西の有名私立大学です。関西の難関私立大学群である関関同立の中でも高い偏差値を誇り、第一志望として目指す受験生の方も多数存在します。

今回はそんな同志社大学の実際の評判や、各学部の特徴や偏差値をご紹介します。卒業後の主な進路などもご紹介しますのでぜひご覧ください。

同志社大学の評判は?

同志社大学校舎

同志社大学は京都府京都市にある私立大学です。西日本ではトップの偏差値を誇り、関関同立の中でも1番だと言われることも少なくありません。評判はかなり良いと言えます。

ただし、その分受験における問題は難しく合格には相応の勉強が必要となります。

評判が良いのは偏差値だけではありません。キャンパス内は赤レンガを中心としたオシャレな西洋風の建物がほとんどです。ミッション系スクールのためチャペルなどキリスト教関連の建築物も多く、居心地の良いキャンパスが広がっています。

特に今出川キャンパスは京都駅から地下鉄で10分と立地も良く、大学内の設備も整っているためキャンパスの評判も良いです。

関関同立でトップの偏差値を誇る
ミッション系でオシャレなキャンパス&好立地♪

自由な校風で評判

校風は自由なことで評判で、サークル活動が活発です。大学内には非常にたくさんのサークルが存在しており、在学中には自分の好きなことに打ち込めます。しかし、良くも悪くも自由なため、やりたいことが決まっていない人にはあまり向かないという意見もあるようです。

就職でも評判は良く、全体的に見ても就職率は98%とほぼ全ての人が就職できています。

自由な校風が最大の特徴

今出川キャンパスの学部と偏差値は?

同志社大学のキャンパスは大きく分けると今出川キャンパスと京田辺キャンパスに分けられます。ここでは、今出川キャンパスとその周辺にある新町キャンパス、烏丸キャンパスを利用する学部について紹介します。

今出川キャンパスには主に文系学部が集まっています。学生数も多く、同志社大学の中心となるキャンパスです。

神学部

同志社大学はキリスト教主義のミッション系スクールです。そのため、宗教においては長い歴史のある大学です。

同志社大学神学部ではキリスト教の他にイスラーム教、ユダヤ教も学ぶことができます。自由度の高い柔軟なカリキュラムで、現在の国際情勢を宗教という視点から考える力が身に付きます。

偏差値は57.5です。

法学部

同志社大学の法学部は、全国的に見ても法曹界への人材輩出数がトップクラスです。その背景にあるのが大学院との連携と、徹底した国家試験対策です。

大学院と連携して一貫した教育を行うことで、即戦力となれる専門性を身につけられます。また、税理士や司法書士などの国家試験への対策講座によって多数の合格者を輩出しています。

専門的スキルを身につけて法曹界で働きたいという方にオススメです。

偏差値は57.5~60です。

政策学部

社会における問題を発見し、それを解決するための「政策」を立案できる能力を育てるのが政策学部です。政治や経済、法律、国際社会など様々なテーマを扱うのが特徴です。

レポート作成やディベート能力を養う「基礎能力養成科目」など、専門科目以外のサポートも充実しています。

偏差値は57.5です。

文学部

他の多くの大学の文学部では様々な知識を総合的に学んでいるのに対し、同志社大学の文学部では各学科の専門性を高めるという教育が行われています。そのため、自分の好きなことを深く学ぶことができます。

学科は英文学科、哲学科、美学芸術学科、文化史学科、国文学科の5つです。

偏差値は57.5~62.5です。

経済学部

同志社大学の経済学部では、経済以外にも科学技術や文化にも目を向けて様々な観点から経済学を考えます。

IT社会に対応するための情報系科目も設置してあり、社会のリーダーとなるためのワンランク上のスキルを身につけることができます。

偏差値は57.5です。

社会学部

社会学部は社会学科、社会福祉学科、メディア学科、産業関係学科、教育文化学科の5学部から成り立っています。この5つの視点から、人間と社会の関係を学びます。

フィールドワークや調査実習が多く、知識や技能を実際に体験しながら学ぶことができます。

偏差値は57.5~62.5です。

グローバル地域文化学部

国際問題を理解し考察するために、外国語能力や教養を身につけるのがグローバル地域文化学部です。

外国語は英語を中心として中国語、ドイツ語、イタリア語など12言語を学ぶことができ、英語だけでない複数の言語能力を身につけることができます。

偏差値は55~60です。

商学部

商学部では企業や産業の直面する問題を解決するための能力を育てることに重点が置かれています。グループワークなどを通じて、問題解決に必要な協調性も養います。

偏差値は60~62.5です。

関西学院大学の評判・偏差値を確認する

京田辺キャンパスの学部の特徴と偏差値は?

京田辺キャンパスは理系学部の集まるキャンパスです。広大な敷地の中に6学部が設置されています。

文化情報学部

文化情報学部は、文化資源や言語といった文化を研究対象とし、それを統計や情報科学で分析します。文系領域と理系領域を融合させることで新しく柔軟な学びを可能としています。

偏差値は57.5~60.0です。

生命医科学部

現代社会では高齢化などに伴って医療や福祉、健康など生命医学分野への関心が高まっています。生命医科学部ではそうした要請に応えるための知識や技術を身につけることができます。

偏差値は52.5~60です。

スポーツ健康科学部

現在の社会では、健康を維持するためには運動を行うことが必要不可欠となっています。

そこで、スポーツ健康科学部ではスポーツを通じた健康づくりのエキスパートを育成することを目的としています。

偏差値は55~60です。

理工学部

理工学部には、情報、電気、機械、化学、システムという5分野の10学科が設置されています。

国際的な視野で科学技術を学ぶための大学派遣留学制度など、様々な国際交流プログラムも用意されています。

偏差値は57.5~62.5です。

心理学部

心理学部は”こころ”の法則を解き明かしたり、心の問題を解決したりすることを目的とした学部です。

卒業論文は個人研究ではなく、チームを作ってプロジェクトを立ち上げ行うのが特徴です。

偏差値は60~62.5です。

グローバル・コミュニケーション学部

同志社大学の掲げる「国際主義」という理念を発展させ、多様化する社会で活躍できる人材を育てることを目的としているのがグローバル・コミュニケーション学部です。

留学生との交流も活発です。

偏差値は52.5~65です。

立命館大学の評判・偏差値を確認する

各学部の偏差値一覧

学部 偏差値
神学部 57.5
法学部 57.5~60
政策学部 57.5
文学部 57.5~62.5
経済学部 57.5
社会学部 57.5~62.5
グローバル地域文化学部 55~60
商学部 60~62.5
文化情報学部 57.5~60.0
生命医科学部 52.5~60
スポーツ健康科学部 55~60
理工学部 57.5~62.5
心理学部 60~62.5
グローバル・コミュニケーション学部 52.5~65

卒業後の進路は?

同志社大学は就職での評判も良く、就職率は98%と非常に高い数字となっています。

主な就職先は有名企業・大手企業がほとんどです。文系では公務員や3大メガバンク、理系ではNTTパナソニックなどが代表的です。

しかし、理工学部では学科によってそれぞれの専門の会社への就職が多かったりと、ただ大手企業へ就職しているだけでなく学部で学んだことがしっかりと就職にも活かされています。

大手有名企業・公務員・メガバンクなどへの就職も!
理系は専門性の高い職に就く方が多い

明治大学の評判・偏差値を確認する

まとめ

同志社大学は関西の難関私立大学です。関関同立の中でもトップの偏差値を誇り、関西一の私立大学と言われることもあります。

そのため就職での評判も良く、98%という高い就職率を叩き出しています。

キャンパスは西洋風のオシャレな建物が多いと評判です。アクセスも良いため充実した学生生活が送れそうです。

いかがでしたでしょうか。同志社大学は魅力の多い大学であるため、その分入試の競争も激しいです。同志社大学を目指している方はぜひ合格できるよう頑張ってください。

人気の予備校ランキング

武田塾

武田塾

口コミ数(16件)

東進衛星予備校

東進衛星予備校

口コミ数(12件)

河合塾マナビス

河合塾マナビス

口コミ数(12件)

四谷学院

四谷学院

口コミ数(7件)

明光義塾

明光義塾

口コミ数(3件)

城南コベッツ

城南コベッツ

口コミ数(2件)

コラムカテゴリの最新記事