大分大学医学部の特徴とは?九州地方・中堅国立医学部の実態!

大分大学医学部の特徴とは?九州地方・中堅国立医学部の実態!

2019大分大学医学部医学科の偏差値

  • A判定偏差値:72
  • C判定偏差値:68
  • 出典:東進

    大分大学は九州地方に位置する総合大学であり、医学部密度の高い西日本の中で中堅クラスの医学部です。

    医学部受験生にとっては「九州地方の中間層偏差値の人が受験する大学」という印象でしょうか。

    また、総合大学とは言っても、医学部のキャンパスは本学とは離れており教養課程も医学部キャンパスで受けるため、ほとんど単科大学のような雰囲気の大学です。

    大分大学、その医学部の実態はどのようなものなのでしょうか。

    今回は、大分大学医学部の概要と、大分大学に特徴的な2つの事項を取り上げて、その評判などを分析していきます。

    大分大学医学部はどんなところ?

    大分

    2019大分大学医学部の学費・授業料

  • 入学金:282,000円
  • 授業料(年間):535,800円
  • 授業料(合計):3,214,800円
  • 九州地方はその面積に対して医学部の密集度が高い地域です。

    各都道府県に1つの国公立大学に加え、私立大学も複数立地しているため、地元での進学を考える医学部受験生にとっては選択肢が広い地域と言えます。

    一方で、九州地方は医学部偏差値が低い傾向にありますが、大分大学医学部はその中では中間の偏差値であり、中堅医学部としての立ち位置を保持しています。

    他の大学の医学部と共通する特徴や世間の評判なども含めて、細かく分析してみましょう。

    入試偏差値は中堅クラス、国家試験合格率も中間層

    大分大学医学部の入試時点偏差値は66.8全医学部82校中41位となっています。

    この偏差値は地方医学部という点から見ると平均的です。

    九州地方の医学部は入試偏差値が低い傾向にあるため、その中でも中堅から上位層の学生が集まる大学と言ってよいでしょう。

    西日本、特に九州地方は人口比に対して医学部が多いため、その分だけ偏差値も下がりますし、大阪・東京から離れるほど受験生からの評判は良くないのが普通です。

    一方、大分大学医学部の国家試験合格率を見ると、91%と中間層の成績となっています。九州地方は国会試験の合格率が低い傾向にありますが、その中では健闘している数字だと考えられます。

    地方医学部の中でも特に九州地方の医学部の国家試験合格率が低い理由としては、都市部から遠く離れていて、最新の医学教育のトレンド、といったものがなかなか浸透しないことが挙げられます。

    つまり、国家試験の合格率は「情報格差」1つの指標でもあるのです。

    インターネットが普及したことによって、誰でも・どこにいても、同じ質の情報にアクセス出来るようになった、と思われるかもしれません。

    しかし、最新の情報は都市部から伝搬し、地方に届く頃には減衰して劣化しているというのが現状なのです。

    必要な情報は自分から取りに行かなければ、地方の学生は、都市部の学生と対等に渡り合うのが難しいと言えます。

    しかし、これは裏を返せば、大学の国家試験合格率は低くとも、他大学の医学部の友人を作ったり、都市部で開催されている勉強会などに積極的に参加して、情報のネットワークを得ることが出来れば、好成績で合格することは十分に可能です。

    医学部での勉強は日々進歩します。

    自分なりに情報のネットワークを作り、努力を怠らないことが必要とされる姿勢です。

    立地が悪いため、自動車は生活必需品に

    大分大学医学部のキャンパスは学生の居住エリアから少し離れているため、住む場所によっては車で通学する人もいます。

    また、生活する上で買い物をしたりするのには自動車が必需品となる場所です。

    バスや電車などの交通の便が悪いため、自家車しか移動手段が無い地域もあります。

    地方大学医学部に進学するとよく目にすることですが、運転免許を取得前に自分の地元で自動車を購入し、免許を取得したらすぐに大学のある県に自動車を持ってくる、という人が多くいます。

    1学年100人の学生がいると、おそらく半分くらいの人が自分の車を持っている、という状況です。

    立地の悪い地方都市の医学部に進学する場合は、自動車が生活必需品となることが往々にしてあります。

    評判の良い大学であっても、不便な場所での学生生活はストレスの元です。

    進学先を考える時はこのことも考慮しておくと良いでしょう。

    大分大学・2つの特徴とは

    厳しい

    医学部は総じてどの大学も似たり寄ったりなカリキュラムであり、研究室なども同じような顔ぶれになります。

    それでも、大学ごとに個性的な特徴が生まれてきます。

    大分大学医学部の2つの特徴について見ていきましょう。

    特徴1:医学英語に力を入れた教育:全員が医学英語検定を受験

    大分大学医学部の特徴の1つが、医学英語教育です。

    大分大学の医学部学生に話を聞くと、みんなが口を揃えて言うことは「英語の授業が厳しい」ということです。

    大分大学は医学英語の教育に非常に力を入れている大学であり、他大学ではオンラインのアプリ等で簡便に医学英語の講義を済ませてしまうことも多い中、大分大学では実践的な場面を想定したカリキュラムを実施しています。

    外国人の患者の診察シミュレーションでは、応対の仕方はもちろん、英語の発音まで厳しくチェックされるようです。

    このような医学英語教育のアウトカムの一環として、2年次の時に「日本医学英語検定(医英検)」の受験が義務付けられています。

    医英検は、医学や医療の現場で必要とされる実践的な英語の能力として、医学文献を読める・医療技術などの情報を英語で聞いて伝えられる・医療情報を英文で記述できる、といったことを目標として設定した民間資格です。

    学部生のうちからこのような能力を身につける機会があるカリキュラムは、全国的に見ても非常に珍しいと思われます。

    日本の医療もガラパゴスからグローバルへと変化していく中で、医療現場での英語運用能力はより一層求められる力になるでしょう。

    学生のうちからきっちりとした医学英語教育を受けられるのは、大分大学のメリットの1つだと思います。

    特徴2:教養教育が厳しい!生物・物理が必修

    大分大学医学部のもう1つの特徴は、厳しい教養教育です。

    大分大学医学部の1年次では、教養課程として、生物と物理が必修となっています。

    おそらく高校の理科の選択科目としてはいずれかを履修していると思いますが、両方を履修している人はほとんどいないでしょう。

    「医学部に進学するから生物は必須」と考えている人が多くいますが、医学部受験の科目で生物を必須にしている大学はほとんどありません。

    むしろ物理を指定する大学もあります。

    医学の勉強と高校生物はあまり関係ありませんし、物理の知識は生理学や薬理学をきちんと理解する上で重要な基盤となります。

    大分大学医学部で生物と物理が必修になっている理由としては、個々の学生の履修科目の差によって基礎医学の理解に差が生まれることを防ぐ意味があると思われます。

    また、大分大学医学部の教養課程はかなり評価が厳しいというのが学生からの評判です。

    医学英語教育をきっちりと行うことなどからも分かるように、基礎的な学力を非常に重要視する大学だと言えます。

    武田塾医進館バナー

    大分大学医学部で郊外の静謐な環境で勉学に打ち込む6年間に

    車

    大分大学医学部は、入試偏差値は中間層であり、国家試験の合格率も平均的な中堅医学部です。

    立地は閑静な郊外にあり、住居や交通手段の便を工夫すれば住みやすい学生向けの街に立地しています。

    静かな環境で勉強に集中できる学生生活を送りたい人にとっては、ぴったりの環境だと思います。

    このページは参考になりましたか?

    人気の予備校ランキング

    武田塾

    武田塾

    口コミ数(16件)

    東進衛星予備校

    東進衛星予備校

    口コミ数(12件)

    河合塾マナビス

    河合塾マナビス

    口コミ数(12件)

    四谷学院

    四谷学院

    口コミ数(7件)

    明光義塾

    明光義塾

    口コミ数(3件)

    城南コベッツ

    城南コベッツ

    口コミ数(2件)

    医学部受験ブログカテゴリの最新記事

    コラムカテゴリの最新記事