広島大学医学部の特徴とは?西日本トップレベルの国立医学部の実態!

広島大学医学部の特徴とは?西日本トップレベルの国立医学部の実態!

2019広島大学医学部医学科の偏差値

  • A判定偏差値:74
  • C判定偏差値:69
  • 出典:東進

    広島大学は中国地方・広島県の瀬戸内に面した場所にある総合大学です。

    その医学部は、地方国立大学の中でも都市部にあることや、関連病院の数研究実績などから、国内外からの評判は高く、入試偏差値も高い大学です。

    西日本を中心に多くの学生が集まる学部ですが、その実態はどのようなものなのでしょうか。

    今回は、広島大学医学部の概要と、広島大学に特徴的な2つの事項を取り上げて、その評判などを分析していきます。

    広島大学医学部はどんなところ?

    広島

    2019広島大学医学部の学費・授業料

  • 入学金:282,000円
  • 授業料(年間):535,800円
  • 授業料(合計):3,214,800円
  • 近畿圏を中心に西日本はその面積に対して医学部の密集度が高い地域であり、地元での進学を考える受験生にとっては選択肢の多いエリアです。

    その中で広島大学医学部はどのような立ち位置にあるのでしょうか。

    広島大学医学部の入試偏差値や国家試験の成績など、他の大学の医学部と共通する特徴や世間の評判も含めて、細かく分析してみましょう。

    入試偏差値は上位だが国家試験成績は振るわず、進級は徐々に厳しく

    広島大学医学部の入試時点偏差値は、68.7と全医学部82校中24位となっています。

    この偏差値は地方国立医学部の中では比較的高い偏差値です。

    広島大学医学部は立地面の良さに加えて臨床と研究の両面で多数の実績を持っています。

    そのため、中国地方・四国地方の偏差値上位層に加えて近畿圏の優秀な学生が集まる評判の高い大学となっており、入試での競争率も高くなっています。

    関連病院も非常に多く、宇宙医療センターなど大規模な研究の実績も地方国立大学医学部の中では高い評判を得ているため、卒後の進路の選択肢は豊富な大学です。

    一方、広島大学医学部の国家試験合格率を見ると92%、全医学部80校中37位となっており、入試偏差値から考えると低い成績となっています。

    広島大学は例年、留年率も低く、進級に関しては非常に穏やかでしたが、ここ最近の教授陣の人事変動なども影響して、学生への締め付けが厳しくなってきているようです。

    今後は留年者も増加していくことが予想されます。

    医学部受験を考える時に一番に検討するのは、入試偏差値でしょう。

    その次に立地や校風などが続くと思いますが、入学後に重要だと気づくことは、生活圏の便利さや留年率、国家試験の成績です。

    これらの指標は受験生向けに大きく広報されることがない上に、受験生の段階ではそこまで意識が向かないのが現実です。

    しかし、実態を知らないままに入学して後悔する、という学生は少なくありません。

    6年間という短くない時間を後悔して過ごすことのないように、色々な角度から受験校を検討することをお勧めします。

    キャンパスは3つ!医学部は2キャンパスを利用

    広島大学には、医学部のある霞キャンパスの他、法学部・経済学部の夜間コースのある東千田キャンパス、教育学部などのあるメインキャンパスである東広島キャンパスの3つがあります。

    このうち、医学部の学生が使うのは東千田キャンパスと霞キャンパスです。

    本学である東広島キャンパスと医学部のある霞キャンパスはかなり離れており、移動には電車とバスを乗り継いで1時間程度かかります。

    数年前までは医学部の学生も教養教育の間は東広島に通っていたようですが、移動の大変さなどから、現在は同じ広島市内にある東千田キャンパスで教養教育を履修することになっています。

    医学部生の利用する2キャンパスは比較的近距離にあり、自転車等でも15分、20分で移動出来るため、一人暮らしの人などは生活の場所に迷うことも無さそうです。

    総合大学の医学部の場合、医学部のキャンパスは他の学部と隔離されていることが多く、1年次の間は他学部と同じキャンパスに通い2年次からは医学部キャンパスのみに通う、というパターンがほとんどです。

    そのため、2年次に進級する際には引っ越しなどが必要になることがあります。

    遠方からの受験の場合、土地勘もなく、どの辺りに住んだらいいのか、生活に便利の良い地域はどのエリアか、といったことはなかなか把握しづらいものです。

    しかし、慣れない土地での不要な引っ越しなどでストレスを増やさないためにも、医学部に特有の生活事情については、丁寧に調べておくことは大切です。

    武田塾医進館バナー

    広島大学・2つの特徴とは

    PC

    医学部は総じてどの大学も似たり寄ったりなカリキュラムであり、研究室なども同じような顔ぶれになります。

    それでも、大学ごとに個性的な特徴があり、評判が変わってきます。

    広島大学医学部の2つの特徴について見ていきましょう。

    特徴1:学生へのデジタル支援が厚い!

    広島大学の特徴の1つは、学生へのデジタル関係の支援が手厚いことです。

    平成26年度から学生のパソコン必携化を実施しており、一定以上のスペックのPCを携帯することとしています。

    また、全学生がOfficeソフト無料で利用可能となっており、個人で契約や購入をする必要はありません。

    これらの使い方やルールに関しても、全学生が必修で講習を受講することになっています。

    ここまでデジタル周辺のサポートをしてくれる大学はあまりありません。

    ただし、家庭の経済事情等でPCを購入することが出来ない学生に対しては、無料でPCを貸与する制度もあります。

    医学部学生については、PCの他、スタイラスペンなどが使えるタブレットの携行を推奨しており、これは教材をデジタルで配布して学生の負担を減らすためと、環境への配慮であると考えられます。

    現在、医学教育は大きな変革の時期にあり、多くの医学生はiPadなどの電子機器を駆使して、デジタルでの学習に移行しています。

    国家試験の予備校などもデジタル教育を推進しており、国立大学の中でもこれに続く流れが始まっています。

    医学部に入学することが決まったら、ノートPCの他にタブレット類も揃えるのがベターです。

    特徴2:海外研修が充実!

    広島大学医学部のもう1つの特徴は、海外研修の機会が充実していることです。

    4年次には希望学生からの選抜で、海外大学の研究機関で研究を行う、「医学研究実習」があり、最大4ヶ月間、アメリカやカナダ、ドイツ、フィンランドなどの国へ渡り、研究活動を行います。

    また、臨床実習でも海外派遣を行なっており、海外病院での研修を行うことが出来ます。

    いずれも費用はかかりますが、学生の留学支援が手厚い大学です。

    広島大学医学部で充実した6年間を

    星5

    広島大学医学部は、入試偏差値は比較的高く、地方国立の中でも非常に評判の高い大学です。

    また、研究実績や関連病院の数などから、卒後の進路も豊富であるため、将来設計は考えやすいと言えます。

    大学自体の立地も良く、6年間という短くない時間を過ごすにはぴったりでしょう。

    充実した学生生活を送ることが出来る良い大学だと思います。

    このページは参考になりましたか?

    人気の予備校ランキング

    武田塾

    武田塾

    口コミ数(16件)

    東進衛星予備校

    東進衛星予備校

    口コミ数(12件)

    河合塾マナビス

    河合塾マナビス

    口コミ数(12件)

    四谷学院

    四谷学院

    口コミ数(7件)

    明光義塾

    明光義塾

    口コミ数(3件)

    城南コベッツ

    城南コベッツ

    口コミ数(2件)

    医学部受験ブログカテゴリの最新記事

    コラムカテゴリの最新記事