医学部受験、浪人したら予備校は変えるべき?東京のおすすめ予備校は?

医学部受験、浪人したら予備校は変えるべき?東京のおすすめ予備校は?

医学部受験においては、何年もの受験勉強生活を経て、ようやく合格するという人も少なからずいます。

他学部の大学入試でも浪人生活を長く続けている人もいますが、決定的に異なるのは、受験生はそれだけの時間と費用をかけても「医師になりたい」と強く志す人がほとんどであるという点でしょう。

しかし、早く合格する方が良いということに間違いはありません。

大学入試に年齢差別は存在しないことになっていますが、実際には年齢によって不合格にされている例もあります。

浪人生は出来るだけ早く、今年度の試験で合格を決めることが一番の目標となります。

したがって、浪人生の医学部受験は現役生の時よりもさらに、予備校選びが重要となります。

今回は、東京近郊に住んでおり今通っている医学部予備校を変えることを検討している浪人生におすすめ予備校について、紹介していきます。

医学部受験浪人生が予備校を変えるべきタイミングはこれだ!

時間

医学部受験をしている浪人生の多くは、大手の予備校、特に医学部受験に特化した指導を売りとしているクラスが設置されている医学部予備校に通うことになると思います。

浪人1年目の受験生や再受験の人に中には、何となく有名な大手医学部予備校を選んだけれど、指導内容がイマイチだと感じて、予備校を変えることを検討する人もいるでしょう。

予備校に払う費用はたいていの場合が一括の前払いであり、医学部予備校の学費は非常に高額です。途中で辞めて変えるというのはかなり勇気のいる決断です。

しかし、通っている医学部予備校の質が、受験の結果を大きく左右するのもまた事実

医学部受験生が「予備校を変えるべきタイミング」について見ていきましょう。

タイミング1:進路指導で具体的な理由なしに志望校の変更を勧められた時

浪人生が予備校を変えることを考えるべき、第一のタイミングとしては、進路指導です。

どの大手予備校でも、医学部予備校でも、必ず一対一または保護者を含めた三者面談が行われます。

その際に、昨年度の受験結果やこれまでの模試の成績、授業中の手応えなどを綜合的に判断して、立地や費用面での希望も考慮した上で、受験校を絞り込んでいきます。

このような進路指導が一般的ですが、おそらく色々な大学を勧められると思います。

模試の成績から判断して、「この辺りの偏差値帯の大学が良いのではないか」「今年度の倍率が下がりそうなのはここ」「こっちは人気が集中しそうだから避けた方が良い」など、具体的な根拠を元に進路指導が行われるのが当たり前です。

しかし、時に予備校側の事情で「ここの大学の合格者数を伸ばしたい」といった思惑が先にあり、それを受験生に無理に勧めてくる場合があります。

このような気配を感じたら、その予備校での指導の質は期待できないと考えて良いです。

医学部受験は、医学部受験をする本人自身のためのものです。

その結果は良いことも悪いことも受験生のものです。決して予備校の手柄ではありません。

具体的な理由も無しに志望校の変更を勧められた時や、その理由を求めてもはぐらかされる様な場合には、予備校を変えることを検討してみるべきです。

タイミング2:模試をたくさん受験させられる場合

浪人生が予備校を変えることを考えるべきもう1つのタイミングは、模試の受験です。

医学部予備校では年間にたくさんの模擬試験が実施されています。

浪人生として予備校に通っていると、2ヶ月に1回は模試を受験することになると思います。

模擬試験の意義は「自分の現在地を知る」「現在地から目標までの距離を知る」ことです。

したがって、模試の受験回数をたくさん重ねることに意味はありません。

次の模試までに達成するべき学習目標がクリアできる程度に、ある程度の期間を空けて受験するのが理想的な模試の活用方法ですが、必要以上に模試を受験させる予備校もあります。

そのような兆候が見られた場合には、予備校を変えるタイミングかもしれません。

医学部受験の場合、センター試験と筆記試験、国公立と私立など、様々な入試方式が行われており、大学にこだわらず「医学部合格」に照準を合わせる人がほとんどです。

様々な入試方式に対応できるようにするという点では、多種の模試を受ける意義はありますが、やはり加減の問題で、多過ぎる模試受験はその分だけ復習の時間を奪います。

過剰に模試受験を勧めてくる予備校は、変えることを検討しても良いでしょう。

東京近郊のおすすめ医学部予備校

あすすめ

医学部予備校を変えるタイミングについては、先程挙げたポイントを押さえておくことで、必要な時に必要な決断が出来ると思います。

それでは、実際に医学部予備校を変える時に、どの医学部を選べば良いでしょうか。

東京や大阪など大都市には医学部予備校は非常にたくさんあり、どれを選べば良いのか、選ぶときのポイントは何か、分からない人も多いでしょう。

今回は東京近郊の医学部予備校の中で、特に浪人生におすすめの予備校をご紹介していきます。

おすすめ1:武田塾医進館

医系学部を目指す88%の生徒が偏差値を11以上アップという驚異の数字をたたき出す武田塾医進館。

医学部という場所は単純に偏差値が高いだけの学部ではなく、医学部で留年せずに生き残る体力が必要な学部だということを理解しなければなりません。

ということは、医系を目指すには受験に合格するノウハウだけでなく、その後の勉強を管理スケジューリングする力を養わなければいけないということです。

武田塾医進館は授業をせず、参考書による予習と復習、目標までの学習スケジュールを管理徹底し学習力の定着を行う医系予備校です。

医学部や他の学部よりも単位認定は厳しく留年が当たり前の学部です。もちろんその後の医師としての働きも学習の毎日です。

受験だけじゃない学習方法を身に着けることができる武田塾医進館は東京ではお茶の水にあります。

公式サイトを確認する

おすすめ2:医学部予備校ACE Academy

東京近郊でおすすめの医学部予備校の1つ目は、「医学部予備校ACE Academy」です。

2019年度の合格者数1,189名(延べ人数)と、医学部予備校の業界でもトップクラスの合格実績となっています。

全国に校舎を展開する大手の予備校ですが、東京都内ではお茶の水・新宿・池袋・立川・町田に校舎があります。

入校するとまず「スタートレベル判定テスト」を受験して、現状の把握を行い、個別カリキュラムが作成されます。

それに基づいて、プロ講師が1対1での個別授業を展開します。

個別指導によるきめ細やかなサポートが売りであり、医学部受験専門の進路指導も強みです。

また、自習時間を確保することも重視されており、一方通行でない学習が、合格者の伸びへと繋がっているようです。

東京近郊だけでなく、北海道から鹿児島まで、広く校舎を持つ予備校ですので、他地域の人も検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめ3:富士学院

東京近郊でおすすめの医学部予備校のもう1つは、「富士学院」です。

2019年度の合格実績は284名、生徒のおよそ半分以上が医学部医学科に進学を決めている、業績の高い予備校の1つです。

こちらも全国に展開しており、主要な都市に校舎があります。

東京都内には、お茶の水・十条の2ヶ所に校舎があります。

1クラス8名以下の少人数制を採用しており、さらに個別指導とも組み合わせて、生徒に合わせたカリキュラムが組まれます。

他の大手予備校で1年頑張ったけれど結果が出ずに、こちらに移ってくる生徒も多いようで、評判は確かな予備校です。

東京だけでなく、地方都市にも校舎を展開しているため、非常に信頼の高い予備校だと思います。

乗り換えの検討してみる価値はありです。

富士学院の口コミは?

医学部予備校の選択は慎重に、辞める勇気も大切

勇気

医学部予備校の選択は非常に難しい決断です。

大手の予備校でも医学部進学コースは他のクラスと比べて高額な学費がかかりますし、医学部受験専門の予備校は手厚いサポートとの分だけさらに費用は嵩みます。

また、多くの浪人生は受験の失敗経験から、多少の不満は我慢しなければならないと思い込んでいる人が多い様に見えます。

しかし、少しの不満でも医学部受験にとっては大きなハンデになることがあります。

0.1点が運命を分ける勝負の世界です。

少しの懸念も無い方が良いに決まっています。

予備校を辞める・変える勇気が必要な場合もあります。

今回紹介したおすすめ予備校は東京近郊に限定していましたが、他の都市部についても医学部予備校のおすすめについてご紹介する記事を書いていますので、そちらも参考にしてみてください。

このページは参考になりましたか?

人気の予備校ランキング

武田塾

武田塾

口コミ数(16件)

東進衛星予備校

東進衛星予備校

口コミ数(12件)

河合塾マナビス

河合塾マナビス

口コミ数(12件)

四谷学院

四谷学院

口コミ数(7件)

明光義塾

明光義塾

口コミ数(3件)

城南コベッツ

城南コベッツ

口コミ数(2件)

医学部受験ブログカテゴリの最新記事

コラムカテゴリの最新記事