関西医科大学医学部の特徴とは?中堅私立大学医学部の実態!

関西医科大学医学部の特徴とは?中堅私立大学医学部の実態!

2019関西医科大学医学部医学科の偏差値

  • A判定偏差値:72
  • C判定偏差値:67
  • 出典:東進

    関西医科大学は医科単科大学であり、私立大学医学部の中では真ん中程度の偏差値です。医学部受験生にとっては「私立大学医学部専願の生徒が受験する医学部」といったイメージでしょうか。受験生の多くは関西出身である思われますが、全国的にも評判は高い医学部です。

    偏差値も立地も比較的良い大学であるため、色々な要素を複合的に考えても、その評判には納得でしょう。

    全国から受験生が集まる関西医科大学、その医学部の実態はどのようなものなのでしょうか。今回は、関西医科大学医学部の概要と、関西医科大学医学部に特徴的な2つの事項を取り上げて、分析していきます。

    武田塾医進館バナー

    関西医科大学医学部はどんな大学?

    悩む医者

    2019関西医科大学医学部の学費・授業料

  • 入学金:1,000,000円
  • 授業料(年間):2,400,000円
  • 授業料(合計):14,400,000円
  • 施設設備費(年間)
    1年:1,000,000円
    2~6年:1,100,000円
  • 実験学習費(年間)
    1年:300,000円
    2~6年:800,000円
  • 教育充実費(年間)
    1~6年:1,000,000円
  • 関西は、医学部の密度が非常に高い地域であり、国公立でも私立でも、関東より選択肢は豊富です。また、関西の学生の傾向として、地元を離れることを希望しないということがあるため、多くの関西の医学部は地元出身者が多くなります。

    その中でも、関西医科大学医学部がどのような大学なのか、他の大学の医学部と共通する特徴や世間の評判なども含めて、細かく分析してみましょう。

    阪神間を中心に中堅クラスの学生が集まる

    関西医科大学医学部は、阪神間の医学部受験生を中心に評判が高い医学部ですが、特に関西にある、偏差値が中堅クラスの国公立大学医学部から流れてきた学生が非常に多く、偏差値は全医学部の中でも真ん中程度となっています。

    キャンパスは都心部にあり、学生生活を送るには申し分のない環境であるため、「中堅クラスの偏差値」という要素と複合的に考えると、「お買い得」な大学であるかもしれません。

    また、学費はそれなりに高額であるため、私立専願の医学部受験生も多い印象があります。しかし、大阪府枠・静岡県枠など地域枠による入試も行なっているため、裕福な家庭の子女ばかり、というわけではなく、多様な人が集まる大学でしょう。

    専門課程は2年次から、学習環境は良く留年は少ない

    関西医科大学医学部のカリキュラムでは、1年次は概ね教養教育が課せられており、一部の期間で早期の臨床体験実習等が行われます。2年次からは医学専門教育課程が始まります。医科単科大学であるため、総合大学によくある「教養キャンパスでの他学部との交流」はありません。

    カリキュラムとしてはきっちりとコマが埋められており、忙しいスケジュールです。また、最近では進級判定についても厳しくなっているようで、留年者も増加する傾向にあるようです。

    3年次の前半まで基礎医学を学び、その後臨床医学を学ぶ、という流れは変わりませんが、多くの医学部と少し違うと感じるのは、臨床医学の講義は1科目ごとに集中して1週間学び、2週間後試験、というサイクルで各科目を履修する、という点です。

    おそらく私立大学医学部や東京大学など進級方式がイレギュラーな一部の国公立大学医学部ではこのような「集中講義型」のカリキュラムが組まれているとかな、と考えられます。

    科目が終わるごとに試験が行われるのが良い、という人もいれば、学期末にまとめて行う方が良い、という人もいるでしょうが、この大学は概ねそのような方式で履修を進めるようです。

    入学後最低でも6年間という長い時間を過ごす大学ですから、「理不尽」なカリキュラム設定ではないか、などは入学前に十分に検討する価値があります。公式の大学HPにシラバスは公開されていることが多いので、一度はチェックすることをお勧めします。

    関西医科大学医学部・2つの特徴とは

    整った施設

    医学部は総じてどの大学も似たり寄ったりなカリキュラムですが、大学の特徴や売り文句として、マイナーチェンジをすることもあります。その中でも、集まってくる学生たちの雰囲気によって大学のユニークさがあります。関西医科大学医学部の2つの特徴について見ていきましょう。

    特徴1:学生へのサポートが手厚い!充実の設備で快適な学習環境

    関西医科大学の特徴としては、「学生のサポートが手厚い」という点も挙げられるでしょう。

    多くの医学部では、「試験は出来て当たり前、試験の模範解答は配らない、講義資料は配ったり配らなかったり」という主義の教員が多く、資料や試験問題の模範解答は有志学生によって作成したり、と無駄な時間が非常に多くなっています。特に基礎医学の勉強の辛さは必要以上であると感じることが多いです。国公立大学は特にこの傾向が顕著です。

    しかし、関西医科大学では、教員による学生へのサポートが非常に手厚く、IoTの活用によって講義資料などはデジタルで配布され、学生の便利の良いように工夫が施されています。

    このシステムであれば学生側も勉強の指針を立てやすく、正しい知識を身につけることができます。関西医科大学のように、教員からきちんと学習の指針が示されることは、学生のためでもありますが、ひいては将来の患者のため、社会のためになることです。他の大学も関西医科大学を見習って、きちんとした学習方針を示してほしいものです。

    また、関西医科大学では施設が充実しています。校舎はビルのように新しく綺麗であり、講義室の座席にはコンセントと手元ライトが整備され、デジタル化の時代に適応した学習を推進しているようです。

    さらに、「シミュレーションセンター」という施設では、縫合手技や血管侵襲、内視鏡などのトレーニングをすることができるシミュレータがあり、休日も学生が自由に利用することが出来るようになっています。手技の訓練は、多くの大学では病棟実習中にさせてもらえることが稀にあるかないか、という感じで、在学中に訓練できる機会はほとんどありません。関西医科大学のように、学部生のうちから自主的にトレーニングできる場があることは、とても恵まれた環境だと思います。

    このように、大学によって学生へのサポートは雲泥の差があるため、入学前にきちんと精査して、自分の学生生活がより有意義になるようによく吟味していきましょう。

    特徴2:都心部にあるため、学生生活の質は最高

    付属病院を持つメインのキャンパスである大阪・枚方のキャンパスは、JRの駅から徒歩数分と、大阪・京都へのアクセスも良いため、学生生活の質としては、かなり高いと考えられます。

    多くの医学部が土地面積を確保するために都市部を離れた場所にあり、学生生活を送るには不便になりがちですが、関西医科大学の場合はそのような心配はしなくてもよさそうです。

    6年間という長い時間を過ごすことを考えると、大学の立地は偏差値以上に重要なファクターです。

    関西医科大学医学部まとめ

    関西医科大学医学部は偏差値自体は私立大学医学部の中でも中堅レベルですが、関西を中心に医学部受験生からの評判は高い大学です。立地の良さや学校自体の雰囲気の良さも特徴であり、特に私立専願の医学部受験生には人気の医学部と言えます。

    充実した医学部生活を送りたい人にとっては、一度はチャレンジする価値のある大学でしょう。勉強も遊びも満喫できる、充実した6年間を送ることのできる良い大学だと思います。

    このページは参考になりましたか?

    人気の予備校ランキング

    武田塾

    武田塾

    口コミ数(16件)

    東進衛星予備校

    東進衛星予備校

    口コミ数(12件)

    河合塾マナビス

    河合塾マナビス

    口コミ数(12件)

    四谷学院

    四谷学院

    口コミ数(7件)

    明光義塾

    明光義塾

    口コミ数(3件)

    城南コベッツ

    城南コベッツ

    口コミ数(2件)

    医学部受験ブログカテゴリの最新記事

    コラムカテゴリの最新記事