東進衛星予備校どう?評判・口コミ・料金や合格実績は?大学受験生・浪人生向け

東進衛星予備校どう?評判・口コミ・料金や合格実績は?大学受験生・浪人生向け

東進ハイスクールと並んで有名な東進衛星予備校。
東進衛星予備校は東進ハイスクールのフランチャイズ校として全国的に1000校舎ほどを展開しています。
今回は、東進ハイスクールとの違いや、東進衛星予備校だからこその特徴について紹介していきます。

東進衛星予備校本校の基本情報

東進衛星予備校,予備校,塾,評判,口コミ

運営会社株式会社ナガセ
電話番号0120-104-531
住所東京都武蔵野市吉祥寺南1-29-2
最寄駅吉祥寺駅
受付時間
指導形態映像授業
指導対象中学生、高校生、既卒生
コース大学受験
映像授業の有無あり
自習室情報あり(教室による)
対応地域全国各地
校舎数約1,000

公式サイトを確認する

東進衛星予備校の予備校・塾としての 特徴・強みとは?

高校生の将来予備校・塾

東進衛星予備校の指導方法

東進衛星予備校では、映像を使用した映像授業を行っています。
東進衛星予備校は元々個人塾として経営していた教室も多くあり、教室ごとに以前の特色を残した特徴がある教室もあります。
しかし、東進ハイスクールのフランチャイズ校として、オーナーが違う東進衛星予備校でも、全ての教室で東進ハイスクールと同様の映像授業を受けることができます。
その為、家庭での映像視聴や1.5倍速での視聴も可能で一人一人にあったペースで学習を進めることができ、授業の先取りをする「高速学習」が可能となります。

東進衛星予備校のカリキュラム

東進衛星予備校では、東進ハイスクールと同様に担任制度があり、担任と卒業生である大学生が担任助手として受講生のサポートを行います。
映像授業の種類は数多く、1人で的確に選択して受講することは難しいです。
その為、東進衛星予備校では、担任と合格指導面談を行います。
そこで志望校合格に向けて必要な学習を把握し、個別でカリキュラムを作成します。
これによってスムーズに必要な講座を選択することを可能にしています。
また、講座自体も受講生の習熟度別で設定してあり、スモールステップで分かりやすい授業内容となっていることで学習に対する意識が高まるようにサポートしています。
東進衛星予備校を掲げている塾の中には、大学受験の映像授業として東進の映像授業を取り入れているところもあります。
そのため、集団や個別、小中学生は違う東進ではなく違う授業システムを補完して行っているところもあります。

東進衛星予備校の講習方法

全国各地、様々な場所に多くの教室を持つ東進衛星予備校ですが、東進ハイスクールと同様の映像授業を視聴できることで授業の質を同じに保つことができます。
授業を視聴する場所は個別で仕切られたブースで一人一人が自分のペースで受講することができ、学習に集中できる環境となっています。
また、授業の映像が家庭でも視聴できることで、部活や他の習い事とも両立しやすいという特徴もあります。
部活や他の習い事で朝が早かったり、帰宅が遅かったり様々な一人一人様々な生活スタイルがある中で自分のできるタイミングで学習を効率よく進めていけるシステムになっています。
自習室は場所によっては無い校舎もあるようですが、多くの教室では自習室もあり、集中して学習できる環境を整えています。

東進衛星予備校の夏期講習

東進衛星予備校では、夏期講習の無料招待を実施しています。高校3年生は招待状請求すると、1講座無料で受講することができます。夏期特別招待講習の受講生は、非受講生と比べて学力が1.6倍伸びています。1講座18,900円相当が無料になる大変お得な夏期講習となっています。

東進衛星予備校の生徒サポート

東進衛星予備校では、東進ハイスクールと同様に担任制度を導入し、担任と受講生の1対1で志望校までの道筋となる合格設計図の確認をし修正、受験校の決定などを行う「合格指導面談」、冬期・入試直前期に受講生と担任・複数の担任助手で一人一人の学習状況を確認しながら、志望校合格に向けて「どの単元・ジャンルを、いつまでに、どのように対策するか?の作戦を修正していく「合格作戦会議」、担任助手の指導のもとで、5~6人程度の受講生により、週間学習計画をグループ全員で話すことで共有し励まし合う「グループ・ミーティング 」を行っています。
1人での学習が中心となることで自分のペースで学習できるというのが東進のスタイルですが、担任や他の受講生との関わりを通して、自分の学習スタイルを振り返ったり、不足している部分を指摘してもらったりという機会は設けられているという点も嬉しいサポートであると言えます。
東進では「合格設計図実行システム」というものがあり、事前に1週間の時間割を設定し、受講予約が自動でできるシステムを使って効率的に学習を進めることができるのですが、東進衛星予備校でもこのシステムを採用しています。
このシステムを使用することで、週間での受講が効率的に行動することができ、自然に高速学習を習慣化することができます。
部活が休みになったり、休日に時間ができたりしたときに、個別に受講予約を追加することもできる為、とても効率的なシステムです。


合格設計図をしっかり作ってもらえたら安心して入試というゴールに向かってがんばれそうだね。

そうだね。定期的に面談やグループミーティングもあって、しっかりサポートしてくれるんだね。

東進衛星予備校の料金設定

東進衛星予備校の料金設定をご紹介します。
東進では、志望校対策のために必要な講座をパックで提案してくれます。
全ての講座を受けると決して安くはありませんが、複数受けることで割引になることもあるので、しっかり担当講師の人と相談しましょう。

学費 通期講座学費 講習講座模試試験料入試対策講座学費 過去問演習講座学費 志望校別対策講座
入学金 ¥33000
通期講座 ¥77,000
理科基礎 ¥57,750
担任指導費 ¥33,000
講習講座(90分×5回+テスト) ¥19,250
講習講座(90分×10回+テスト) ¥38,500
受験生 ¥26,400
高2 ¥13,200
高1,0 ¥11,000
記述型答案練習講座(90分×5回+添削5回) ¥38,500
入試直前まとめ講座(90分×5回+テスト) ¥19,250
直前必勝講座(90分×2回+直前必勝教材) ¥7,700
国公立二次対策(採点・添削・解説) ¥102,300
国公立二次対策(採点・添削) ¥56,100
私大対策(採点・添削・解説授業) ¥90,200
私大対策(採点・解説授業) ¥84,700
私大対策(採点) ¥38,500
併願校対策 ¥38,500
私大併願対策 ¥84,700
講座受講料 ¥102,300

※価格は全て10%税込み表記です。

東進衛星予備校塾長・代表はどんな人?

東進衛星予備校を運営しているフランチャイズ元の株式会社ナガセの企業理念は、「独立自尊の、社会・世界に貢献する人財を育成する」を掲げています。
そして代表である永瀬代表は「独立自尊とは、自ら求め、自ら考え、自ら行動する力」であると語っています。
やる気のない子どもたちに無理やり勉強させても学習効果は低く、目の前の受験に勝てたとしても将来に繋がりません。
自ら目標を見つけ、努力をすることで学習が意味のあるものとなります。
そして、難関大学に合格しても、その後の成功に繋がるのかと言うとそうではありません。
知性のみならず、精神的にも肉体的にも心・知・体のバランスが取れている人財の指導育成を目指している学習塾です。

東進衛星予備校の評判・口コミは?

東進衛星予備校では、大きなシステムや講習などについては東進ハイスクールとほとんど変わりはありません。
しかし、中には設備や細かい指導部分が校舎ごとに異なると言う場合も多くあるようです。
校舎によっては、参考書の進め方や勉強方法をしっかりと指導してくれることで成績を伸ばすことに役立ったと言う口コミも寄せられています。
また、東進ハイスクールと同様に分かりやすい授業に対しては定評があるようです。
保護者からも「説明がわかりやすく、子どもがやる気を出している」「有名な先生が多くいる為、授業を選ぶのも楽しみにしている」という意見も多いです。
映像授業の利点でもある家庭でも学習できるという点や高速学習という点でも評価が高い学習塾です。

東進衛星予備校の合格実績

東京大学、京都大学、大阪大学、九州大学、早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、明治大学、法政大学、青山学院大学など、国公立、私立問わず全国各地の難関大学への合格者を多数輩出しています。
また、現役合格に強く、東進の合格実績は全て現役合格生の人数を出しています。
東京大学においては、現役合格実績700名突破し、東大合格者数の34.8パーセントという高い数字を誇っています。
また、年々合格者数を増やしているという点も特徴です。
高い合格率を誇る要因としては、質の高い映像授業を通しての高速学習、そして担任指導などの手厚いサポート体制があります。
充実したサポート体制で難関大学への合格を支えてくれる学習塾であると言えます。

公式サイトを確認する

東進衛星予備校本校のまとめ&専門家の声

女子高生合格目指す

今回は東進衛星予備校の特徴や強み、直営校である東進ハイスクールとの違いについて紹介いたしました。
東進衛星予備校でも東進ハイスクール同様に「高速学習」「担任指導」「実力講師陣」「合格実績」という特徴があります。
分かりやすいと評判な講師陣による質の高い映像授業を全国各地で視聴できるシステムで一人一人に合わせた効率的な学習をサポートしています。
東進衛星予備校はフランチャイズとして東進衛星予備校という看板を掲げていますが、以前は個人塾として運営していた教室も多くあります。
その為、細かなサポートの面で教室ごとの差がある場合もあります。
入塾の場合には教室のサポート体制やシステムの特徴を確認しておくとより安心できるでしょう。
合格に向けて意欲的に学習を進めて行きたい方はもちろん、部活などと両立しながら効率的に学びたいという方に特におすすめの学習塾です。

専門家の声

株式会社スタグリット林俊介 専門家

現代文の林修先生をはじめとして、大学受験のプロフェッショナルともいえる有名講師が揃っている東進衛星予備校。先生の名前にばかり目がいってしまいますが、魅力はそれだけではありません。PCによる映像授業で基礎を確実に固める「高速マスター講座」や、幅広い年度・大学の過去問の添削をしてくれる「過去問演習講座」など、基礎的な内容から大学受験本番までに必要なすべてが揃っているのです。また、生徒ごとに担任の先生がつき、日々の学習状況の管理から勉強のモチベーション維持まで手厚くサポートしてくれます。講座の確認テストの実施や過去の成績確認などは、すべてオンラインの学習管理システム「学力POS」でできるようになっており、テクノロジー面もバッチリ。学習の多くはPC上で完結しますが、それでも抵抗なく学べる生徒にとっては、快適かつ非常に効率的な学習環境といえます。

専門家一覧はこちら


総合評価 3.8(12件)

人気の予備校ランキング

武田塾

武田塾

口コミ数(16件)

東進衛星予備校

東進衛星予備校

口コミ数(12件)

河合塾マナビス

河合塾マナビス

口コミ数(12件)

四谷学院

四谷学院

口コミ数(7件)

明光義塾

明光義塾

口コミ数(3件)

城南コベッツ

城南コベッツ

口コミ数(2件)

予備校・塾(個別指導塾)カテゴリの最新記事

コラムカテゴリの最新記事