理数研究会どう?評判・口コミ・料金や合格実績は?大学受験生・浪人生向け

理数研究会どう?評判・口コミ・料金や合格実績は?大学受験生・浪人生向け

理数研究会は、神奈川県に本拠をおく学習塾です。
その名称が示す通り、「理系・数学」に特化した学習塾ですが、その指導方法にはどのような特徴があるのでしょうか。
このページでは、理数研究会の特徴や強みについてご紹介します。

理数研究会本校の基本情報

理数研究会,予備校,塾,評判,口コミ

運営会社理数研究会.
電話番号046-232-5820
住所神奈川県海老名市大谷南2丁目5-5
最寄駅海老名駅
受付時間10:00~21:00
指導形態個別指導
指導対象小学生、中学生(私立生のみ)、高校生、既卒生
コース中学受験、高校受験、大学受験
映像授業の有無なし
自習室情報現在調査中
対応地域神奈川県
校舎数3

公式サイトを確認する

理数研究会の予備校・塾としての 特徴・強みとは?

高校生の将来予備校・塾

理数研究会の指導方法

理数研究会の指導方法は、個別指導によるものとなっています。
志望校や学力が同じレベルにある生徒2人を1グループとし、その1グループを講師1人が担当するシステムとなっており、非常に密度の高い個別指導が行われるのが特徴です。

理数研究会のカリキュラム

理数研究会のカリキュラムは、理系分野、その中でも特に数学科目を重視したものになっています。
例えば、小学生向けの「算数」であっても、単純に解法について教えるのではなく、問題の「見方」は大学受験レベルの数学と変わらないという視座のもと、問題の論理的構成を理解させる指導が行われています。
また、「数IIIをどの段階で仕上げて入試演習に臨めるかが生命線」であるとして、当研究会では中学生のうちに数II・Bまで指導し、高1生で数III・Cまで仕上げることを目標としているほか、化学・物理においても、学校教育を半年~一年ほど前倒しで指導することを目指しています。
また、高校生向けの「医歯大学受験特進コース」は当研究会の柱となる講座となっており、最新の入試動向に対応した質の高い指導を受けることができます。
これらの、医学部受験対策の特化と、圧倒的な「先取り授業」が、理数研究会の大きな強みとなっています。

理数研究会の講習方法

理数研究会の特徴的な指導方法のひとつに、「教材の厳選」があります。
ひとりひとりの生徒の学力レベルに合わせて教材を厳選すること、それ自体は他塾でも行われることがありますが、理数研究会ではさらにひとつの教材の中で、「これだけやりなさい」と具体的な演習個所を指定します。
「受験の成功は、いかに無駄にない学習を効果的に実行するかだ」というのが当研究会特有の理念であり、全単元を無条件に総復習させるような非効率的な学習法はとらず、使用する教材はもとより、取り組ませる問題も、演習のための時間配分も、生徒ひとりひとりの志望校レベルや現在の理解度、性格、得意不得意の違い等によって変わってきます。
このような非常にきめ細かい指導を生徒ひとりひとりに行き渡せることができるのは、個別指導ならではの大きな強みといえるでしょう。

理数研究会の生徒サポート

理数研究会の数ある強みのひとつとして、「講師陣の質の高さ」があります。
通常の学習塾の場合、特に集団に対する授業形式では、その日扱う単元の教え方や時間配分は現場講師の裁量に任せきりになってしまう場合がほとんどです。
しかし理数研究会の場合、「講師任せの授業は、生徒ひとりひとりの学習の方向性を見失わせる原因になる」として、「その日その生徒に何をどう教えるのか」、徹底指導したうえで授業に送り出すシステムになっています。
講師がしたいように授業を行うのでははなく、「学生の立場に立って指導する」。
そう徹底される講師たちは、生徒が教室で発するいかなる質問にもその場で解答・解説できる能力が維持されるよう、毎月厳しい研修を受けている精鋭揃いです。
その実際の指導能力について、一度でも体験授業を受ければ違いがわかるはず、と理数研究会は自信を持っています。

理数研究会塾長・代表はどんな人?

理数研究会の会長・小島裕道氏は、かつては神奈川県の高等学校で数学教員として勤務していた経歴を持ちます。
1986年に当研究会を設立してからは受験数学を専門に研究し続け、現在では大学講師を兼任しながら学生たちの受験指導にあたっています。
「受験数学の神様」と呼ばれるほど数学指導に精通した人物であり、一般に難解とされる数学・物理・化学などの応用分野に対しても、「特別な知能・能力が必要というわけではない」と小島氏は語ります。
理系分野の論理や証明について理解する潜在能力は誰もが有しており、要はそれを、いつ、どういう機会で引き出すかという問題に過ぎないと小島氏は自信を滲ませています。
力学や波動などの非常に高度な分野であっても、原理としては中学生でも理解することができる、という同氏の信念は、理数研究会のカリキュラムにも色濃く反映されているようです。

理数研究会の評判・口コミは?

理数研究会の評判について調査しますと、「数学がどうしてもだめで、もうあきらめていたけど、(会長の)小島氏に出会えて何もかも変わった」という声を複数見つけることができました。
数学は、単元ごとに異なる問題の捉え方をしなければならず、ある単元は理解できても、別の単元でつまずくことが多く、高度な分野を理解するには特別な知性が必要、と言われることもあります。
しかし小島氏はそれを否定し、「どこで間違ったのか、解き方の過程を見れば、その理由も含めて必ずわかる教科だ。だから受験教科の中で数学が一番簡単だ」と生徒たちに諭します。
「弱点をすぐに見抜いてくれた」「問題への取り掛かり方すらわからない時も、なぜ取り掛かり方がわからないのか、説明してくれた」といった生徒たちの驚きと感動の声は、ただ「問題の解き方」を教えるに留まらず、問題の構成的真髄を即座に抽出し、その洞察を生徒たちに与えることのできる、小島氏の指導力の高さに裏付けられたものといえます。

理数研究会の合格実績

東京大学、東京医科歯科大学、東京工業大学、千葉大学、慶應義塾大学、早稲田大学、明治大学、日本大学、昭和大学、横浜国立大学など、全国各地の多くの大学に毎年合格者を輩出しています。
合格者の内訳についてさらに詳しく見ていきますと、大学自体の学力レベルの高さもさることながら、専門的な受験対策が必要とされる、医学部・医学科の合格者が比率としてかなり大きいことがわかります。
当研究会の卒業生で医学部生となった生徒は今日までに330名を数えるまでになっており、充実した理系分野のカリキュラムはもちろん、当研究会の開設以来、30年以上も受験指導の柱であり続けてきた「医歯大学受験特進コース」の存在が、この目覚ましい実績の大きな要因となっているのは間違いなさそうです。

公式サイトを確認する

理数研究会本校のまとめ

女子高生合格目指す

理数研究会の特徴や強みについて紹介してまいりました。
今回の調査についてまとめますと、化学・物理などの理系分野、その中でも特に数学科目において抜きん出た指導力を持っていることが、理数研究会の大きな強みだということがわかりました。
そして、その指導力の主軸となっているのが、会長・小島氏の才覚であることは間違いないでしょう。
「これだけやりなさい」というピンポイントで効率性に優れる講義が可能であるのも、 小島氏が生徒ひとりひとりの顔を見つめ、得手不得手、その潜在能力までもを即座に見抜けるからこそであると言えます。
「ひとりひとりを大切に。無駄な学習はさせません」と理数研究会では約束しています。
「自分には数学のセンスがない」「この単元の応用問題は捨てるしかない」、そんなふうに思っている学生のみなさんも、理数研究会の講義を受ければ、新たな道が開けるかもしれません。

総合評価 評価なし(0件)

人気の予備校ランキング

武田塾

武田塾

口コミ数(16件)

東進衛星予備校

東進衛星予備校

口コミ数(12件)

河合塾マナビス

河合塾マナビス

口コミ数(12件)

四谷学院

四谷学院

口コミ数(7件)

明光義塾

明光義塾

口コミ数(3件)

城南コベッツ

城南コベッツ

口コミ数(2件)

予備校・塾(個別指導塾)カテゴリの最新記事

コラムカテゴリの最新記事