赤門セミナーどう?評判・口コミ・料金や合格実績は?大学受験生・浪人生向け

赤門セミナーどう?評判・口コミ・料金や合格実績は?大学受験生・浪人生向け

赤門セミナーは、東京のほか、足利、太田、館林にそれぞれ校舎を持つ学習塾です。
小学部から高等部まで、連動した一貫教育で知られる当セミナーの指導内容はどのようなものなのでしょうか。
ここでは、赤門セミナーの特徴や強みについてまとめていきます。

赤門セミナー本校の基本情報

赤門セミナー

運営会社有限会社赤門進学教室
電話番号総合:0120-71-4000
住所栃木県足利市田中町907-1
最寄駅足利市駅
受付時間(総合)月~土:10:00~20:00
日:休み
指導形態集団授業、個別指導
指導対象幼児、小学生、中学生、高校生、既卒生
コース中学受験、高校受験、大学受験
映像授業の有無あり
自習室情報あり
対応地域東京都、群馬県
校舎数4

公式サイトを確認する

赤門セミナーの予備校・塾としての 特徴・強みとは?

高校生の将来予備校・塾

赤門セミナーの指導方法

赤門セミナーの指導方法は、原則として集団授業形式をとっています。
別途に申し込むことで個人教授(個別指導)を受講することができるほか、中学生・高校生・既卒生の皆さんは東進衛星予備校の映像授業を受講することも可能となっています。

赤門セミナーのカリキュラム

赤門セミナーでは、「大学合格」を最終目標とし、生徒ひとりひとりの志望校から逆算した、最適化されたカリキュラムを提案しています。
そのため、大学受験を控えた高校部だけではなく、中学部・小学部のうちから一貫した学習指導を実施することが赤門セミナーの最大の特徴です。
扱う科目は5教科すべてですが、特に受験において要となる英語・数学は、ベーシック、スタンダード、ハイレベルと学力別に講座が分かれており、この2教科を特に重視しています。
授業時間は小学部が1コマ60分、中学部以降は1コマ90分が標準となっています。
中学部と高校部ではこれに加えて東進の映像授業を受講することができ、また全学年で「個人教授(個別指導)」に対応しています。
個人教授は、1科目85分、60分、45分の中から選択でき、月4回の実施を基本としています。

赤門セミナーの講習方法

小・中・高の強力な連動一貫教育が特徴である赤門セミナーですが、高校生が新規入塾できないわけではありません。
ただし、高校から受験勉強の準備を始めたいと考える生徒に対し、赤門セミナーは「覚悟を決めて勉強しましょう」と発破をかけます。
なぜなら、大学受験は紛れもない競争なのであり、人気校・名門校であればあるほど、小学生や中学生のうちから入試準備を始めているライバルが多いからです。
高い学習意欲をもって早期にスタートを切っている人間に、何年も遅れてスタートする人間が追いつくことは容易なことではありません。
定期試験が近づいた「そのときだけ」勉強をするような学習法では、その生徒が本来持っているはずの能力を開花・発展させる機会すら逸してしまいかねないと赤門セミナーでは考えています。
しかし逆に言えば、その事実に向き合い、大きな覚悟と高い学習意欲をもって目標に臨もうとする生徒に対しては、赤門セミナーは非常に強力な導き手となります。
学問に王道なしとして生徒の自立性を重んじ、厳しくも堅実な指導を行うのが赤門セミナーの特徴です。

赤門セミナーの生徒サポート

幼児教育も含め、小さいうちからの教育指導に確かなヴィジョンと豊富な実績を持っている赤門セミナーでは、学習面のみならず、人格の向上や、将来どういうことをして夢を叶えたいか、という人生全体に通ずる指導を行っています。
そもそも、なぜ人間が勉強をはじめとして、やるべきことを「先送り」にしてしまうのかというと、誰もまだ経験したことのない未来をうまくイメージできないからです。
赤門セミナーでは生徒ひとりひとりの個性や好奇心を尊重し、その生徒の人生を充実させるために「今何をすればいいか?」を提案することができます。
目先のことに振り回されず、何事にも計画性と想像力をもって臨む習慣は、大学合格はもちろんその先の人生全体に通底する資質となります。
そして、それを啓発するためのバックアップを惜しまないと赤門セミナーは約束しています。

赤門セミナー塾長・代表はどんな人?

赤門セミナーの誕生は、1963年に遡ります。
創始者である加藤尚武氏は、著名な哲学者として知られ、さまざまな大学の教授職を歴任し、現在は京都大学の名誉教授を務め、2012年にはその教育業界への貢献を認められ瑞宝章を叙勲されるなど、名誉ある人物です。
現在、同氏は研究職に没頭するため、赤門セミナーの教育活動は妻の加藤京子氏によって継続されています。
開塾以来、半世紀以上もの間「本質的な学問」をする塾として第一線級の指導レベルを保っている赤門セミナーの教育理念について、加藤京子氏は、志望校合格のための勉強に留まらない、「深い思考力の養成」にあると述べています。
自分で物事を考え、実行する力、それは現在行われている教育改革において、「これからの人材に求められる能力」とまさに合致しています。

赤門セミナーの評判・口コミは?

赤門セミナーの評判・口コミについて調査しましたところ、「教材の充実」を挙げる声を多く見かけることができました。
例えば、赤門セミナーでは、小学生向けの教材として四谷大塚の「学習シリーズ」を採用しています。
この教材は生徒はもちろん保護者にとっても人気が高く、大学受験や将来の仕事も見据えた基礎的な思考力・想像力が小学生のうちから身につくと当塾では太鼓判を押しています。
また、高校生向けとしては、通常のライブ授業にプラスした東進衛星予備校の映像授業をメリットとして挙げる声もあり、「苦手なところを繰り返し受講できるのがよかった」など、個人が自分のペースで東進のハイクオリティな授業を受講できる点が好評でした。

赤門セミナーの合格実績

東京大学、東北大学、獨協医科大学、日本大学、中央大学、早稲田大学、慶應義塾大学、明治大学、青山学院大学、お茶の水女子大学など、国公立・私立を問わず、全国各地の名立たる大学に毎年多くの合格者を輩出しています。
ここに挙げた大学名はごく一部分であり、さらに詳しく合格実績の内訳をみていきますと、医学部、理工学部、経済学部、文学部、農学部、薬学部、法学部などなど、文系・理系を問わず、きわめて多彩な学部・学科に合格者を出していることが明らかになります。
これは、赤門セミナーがあらゆる分野を問わず大学の学部・学科に対応可能な高い指導力を持っている証であると同時に、生徒ひとりひとりの夢や目標、将来の仕事のヴィジョンに向き合った人格的な啓蒙が的確に行われているといえるでしょう。

公式サイトを確認する

赤門セミナー本校のまとめ

女子高生合格目指す

赤門セミナーの特徴や強みについて紹介してまいりました。
赤門セミナーの卒塾生の声を集めますと、必ずしも幼児や小学生の頃から一貫して指導を受けていたという例ばかりではなく、高校生になってから入塾したという生徒も決して少なくないようです。
厳しい校風という評価もある一方で、「わからないことを片っ端から聞きまくれば、必ず誠意をもって答えてくれた」という声もあり、「本人の努力次第で、当塾の学費は安くもなるし高くもなる」という評価が的確といえるでしょう。
また、その指導内容から「難しそう、厳しそう」と感じる方もいるかもしれませんが、目先の成績に囚われず、先々を見据えて基礎から丁寧に教える講座が多数用意されているのも本塾の特徴となっています。
勉強をしなくてはならないとわかってはいるけど、将来へのヴィジョンがないためについつい「先送り」にしてきた学生のみなさん、赤門セミナーの扉を叩けば、そこから未来が開けるかもしれません。

総合評価 評価なし(0件)

人気の予備校ランキング

武田塾

武田塾

口コミ数(16件)

東進衛星予備校

東進衛星予備校

口コミ数(12件)

河合塾マナビス

河合塾マナビス

口コミ数(12件)

四谷学院

四谷学院

口コミ数(7件)

明光義塾

明光義塾

口コミ数(3件)

城南コベッツ

城南コベッツ

口コミ数(2件)

予備校・塾(個別指導塾)カテゴリの最新記事

コラムカテゴリの最新記事