医学部予備校 メディカ(medika)どう?評判・口コミ・料金や合格実績は?大学受験生・浪人生向け

医学部予備校 メディカ(medika)どう?評判・口コミ・料金や合格実績は?大学受験生・浪人生向け

メディカは医学部を目指す学生が選ぶランキングで1位を確立している予備校です。
なぜメディカが選ばれたのか。ここではメディカの指導方法やサポートまで、メディカが選ばれる理由を掘り下げてご紹介していきます。

医学部予備校 メディカ(medika)本校の基本情報

医学部予備校 メディカ(medika),予備校,塾,評判,口コミ

運営会社メディカ(medika)
電話番号03-5412-6585
住所東京都渋谷区千駄ヶ谷1-7-8千駄ヶ谷尾澤ビル
最寄駅千駄ヶ谷駅
受付時間月~土:10:00~19:00(日:10:00~17:00)
指導形態個別指導、映像授業
指導対象中学生、高校生、既卒生
コース大学受験
映像授業の有無あり
自習室情報あり
対応地域東京都
校舎数1

公式サイトを確認する

医学部予備校 メディカ(medika)の予備校・塾としての 特徴・強みとは?

高校生の将来予備校・塾

医学部予備校 メディカ(medika)の指導方法

メディカの指導方法で代表的なところは、反復して学習していくところです。
ただの復習というわけではありません。
復習に際し、生徒がどれだけ理解しているかを確かめるテストにて検証をしています。
そのデータにより、個別の指導方法を定めていきます。

医学部予備校 メディカ(medika)のカリキュラム

メディカでは2つのコースが用意されています。
「高校生コース」では個人別に沿ったカリキュラムで授業を行っていくのはもちろんですが、達成しているレベルごとにクラス分けされ、生徒が同レベルの授業を受けることができます。
それから医学部の入試には必須の小論文や面接の指導も行っていきます。
「高卒コース」では模擬テストの成績によってハイパーコースとスタンダードコースに分かれます。
ハイパーコースは、国公立医学部・私立難関医学部の合格を目指す少数精鋭の集まりで、合格目標の大学の入試対策を徹底して復習していきます。
スタンダードコースは、私立医学部・新設医学部の合格を主に目指します。
メディカの中で一番人気のコースで、基本的には復習テストの実施による生徒の達成度を上げ、このサイクルを繰り返すことにより合格へ導きます。

医学部予備校 メディカ(medika)の講習方法

メディカでは、主に少人数制の指導方法が行われています。
これは学校の授業とは違い、講師からの一方的な授業ではなく、少人数だからこそ一人一人の表情がみえ、一人一人の実力を講師が把握しやすく指導しやすいスタイルとなっています。
個別指導ももちろん取り入れており、生徒が講師を選ぶことができるようになっていますが、メディカのほうからも生徒への診断テストを行い、講師を選定できるようにもなっております。
自分の合格ラインに合わせて授業を展開できますので、自分の時間にあわせることができ、集中した授業が行えます。
どの授業の中にも復習テストが組み込まれており、常に生徒の実力を把握し、目標地点まで到達するまで復習が続きます。

医学部予備校 メディカ(medika)の生徒サポート

メディカでは、試験以外に、医療、環境、社会問題を学び、適切にまとめる小論文対策の授業と面接に必要なマナー指導と表情の実習、集団面接・討論の模擬演習から本番直前で慌てない対応力を付ける授業も実施しています。
医学部を目指す際に、ボランティア活動の実践、AMDA・MSF「国境なき医師団」などの海外研修で、自分が目指す医師・医学生のあり方を考える体験といった勉学以外の視点から学ぶ機会も多く取り入れています。
また、遠方からメディカに通われる方の為に提携寮を用意し、食堂・ランドリー室の設置、設備やセキュリティも完備しています。
寮から最寄駅の通学路と寮周囲の環境を厳しく確認する安全対策も充実しています。
隔週毎に、講師が生徒一人ひとりの勉強と学習計画を確認する学習面談で状況の把握と改善を行い、年2回の父母面談でお子様の指導方針の話し合いと受験校の提案、医学部受験、オープンキャンパス、願書受付日と入試日程の書類や情報を各家庭に伝えするサポートも万全です。

医学部予備校 メディカ(medika)塾長・代表はどんな人?

医学部予備校メディカの亀井代表は、愛知県の東海高校を卒業後東京理科大学へ入学されました。
そこから前職の医学部予備校へ就職され高い合格実績を上げ、特に担当した大学では毎年合格者を輩出しました。
在籍していた最後の年には、担当した20名を全員合格させ、今のメディカの基盤である全員合格を成し遂げておられました。
現在は自らも数学講師として生徒へ授業を行っています。
亀井代表のモットーは試験当日まで諦めない、いかに最後まで自分を鼓舞できたかに結果が表れるとうことです。
自分についてきてもらえれば、絶対に合格させるとう実績に基づいた自信が表れています。
メディカにくる生徒は前年度を失敗してしまった生徒が大半で、そこからメディカに入学することで、厳しい時期を乗り越えた生徒が見事に巣立っていくのを見るのが、今の亀井代表の喜びです。

医学部予備校 メディカ(medika)の評判・口コミは?

メディカが高い評価を受けている大きな要因は、既卒生の合格者の輩出が特に多いところです。
常に復習テストを行い、生徒がどこまで理解しているかを把握してできるようになるまで、次のステップには進みません。
ですが時間との闘いでもあるため、生徒と講師が最後まで努力を続けなければなりません。
そのシステムをメディカが確立させているところが評価を受けているところです。
口コミでは「三度受験に失敗し、メディカの門をたたきました。担当になった講師から『可能性は十分あるので任せてくれないか』という言葉をいただき、厳しいカリキュラムでしたが見事合格できました。」といった声や「医学部受験に無駄のない授業が行われており、講師との距離も近いため問題点が聞きやすく、成績も上昇できました。」などの声があがっていました。

医学部予備校 メディカ(medika)の合格実績

名古屋大学、国際医療福祉大学、京都大学、日本医科大学、東京医科大学、関西医科大学、大阪医科大学、日本大学、昭和大学など多くの医学部合格者を輩出しているメディカの合格者達は、「医師を本気で目指している」という共通点を持っています。
「成績が伸びない」「何度も試験に落ちる」といった状況でも「医師になることを諦めたくない」との想いを持つ皆様の悩みを解消するため、志望校に合った学習計画で無駄のない指導を実施しながら、他の受講生たちと切磋琢磨し合う環境を用意しています。
講師から医学部入試に関する知識や経験を聞きながら、納得できる形になるまで学習計画の見直しと相談を受けられます。
受験ストレスによる集中力の乱れや心の負担を軽減するために、スタッフの励ましや暖かい対応など精神面のケアも充実しています。
精神的な支えのおかげで勉強を続けられたと言う合格者の声も多く、学習と精神の支援が大学合格者を多数輩出できるメディカの強さに繋がっています。
講師とスタッフによる全力サポートが受けられるので、医学部進学を本気で目指す皆様にオススメな予備校です。

公式サイトを確認する

医学部予備校 メディカ(medika)本校のまとめ

女子高生合格目指す

今回はメディカが医師を目指す人にとって、いかに充実したプログラムを提供し、評価されているかを紹介してきました。
入学の時点で生徒の学力を把握し、そこからメディカの目玉でもある徹底した復習が始まります。
その中身は今回紹介した通りですが、240時間という復習時間は他の塾には類を見ないものとなっています。
医学部合格というのは、まだ医師としてのキャリアに向けてのスタートラインに立ったばかりです。
メディカの思いは生徒たちの未来を見据えています。
高い知識や技術を持つ医師、相手の気持ちに立ち思いやりのある医師、そういう医師がメディカから巣立っていくのを少しでもサポートするこどがメディカの使命なのです。

総合評価 評価なし(0件)

人気の予備校ランキング

武田塾

武田塾

口コミ数(16件)

東進衛星予備校

東進衛星予備校

口コミ数(12件)

河合塾マナビス

河合塾マナビス

口コミ数(12件)

四谷学院

四谷学院

口コミ数(7件)

明光義塾

明光義塾

口コミ数(3件)

城南コベッツ

城南コベッツ

口コミ数(2件)

予備校・塾(個別指導塾)カテゴリの最新記事

コラムカテゴリの最新記事